ファーイーストブルーイングのインタビュー

Far Yeast Brewing Front・ファーイーストブルーイングフロント

何が最初に来るか – 醸造所かビールか? 契約醸造所が他の人のためにビールを製造し、ファントム醸造所が別の醸造所に現れてビールを製造しているこの時代には、それは簡単な質問ではありません。 さらに、もしあなたが日本の役人と話をしたことがあれば、あなたは官僚主義に遭遇したことでしょう。

ファーイーストブルーイングは、日本の他の醸造所と比べて比較的新しい醸造所のように思えるかもしれません。 しかし、彼らの「馨和」のビールは日本のクラフトビール業界で良いスタートを切りました。 そしてまた彼らのビールを世界中で売る珍しいルートも。

しかし、彼らのビールはビール醸造所の設立前にやってきて、ファーイーストブルーイングのオーナーである山田さんがいかにしてクラフトビールを製造するようになり、クラフトビールを国内外から輸出している会社だけでなく渋谷のバーを経営しているのを知るのは興味深いことです。

山田さんはベンチャーキャピタリストとして働いていて、日本のインターネットスタートアップ企業に関わっていました。 彼が2005年にケンブリッジでMBAのために勉強していたときに、ケンブリッジの卒業生であるBaron Bilimoria がCobra Beerの運営についてJudge Collegeの学生にプレゼンテーションを行いました。山田さんは2つのヨーロッパのビールの大国であるベルギーとミュンヘンを訪問した後だったので、ヨーロッパのビールについてすでに知識がありました 。

山田さんはBilimoriaの、Cobra Beerがインド料理にどのように適しているか(その低炭酸とソフトな風味がスパイシーなカレーと相性が良い)、という話を聞き、日本の料理と合わせるビールはどうだろうと考えました。アサヒスーパードライは、その清潔な(または口当たりの良いと言う人もいるかもしれない)味で日本の外でよく知られているかもしれませんが、それは日本の食べ物に見られるしばしば繊細な風味と対になりません。

山田さんは何度も試みて、途中で調整を加えながら、使用する付加物として山椒と柚子の2つを選びました。 どちらも日本の料理によく使われています。山椒は、蒲焼きうなぎ、焼き鳥などに振りかけています。日本の七味の7つの成分の一つです。 ゆずの皮は料理の飾りとしてよく使われ、その果肉はポン酢で使われます。

2011年に日本クラフトビールカンパニーとして始まり、これら2つのフレーバーで、「馨和」蚊ぐわシリーズが誕生しました。 しかし、彼のアパートから仕事をすることは、これらのビールを作るために醸造所が必要であることを意味しました。 このために彼は、Flemish Ardennesの端にあるEast FlandersのDe Graal醸造所に連絡しました。 山椒と柚子は日本固有のものであるため、これらをベルギーに送りました。 Kaguaビールが作られると、それらは日本や他の国々に輸出されます。

しかし、山田さんにはこれだけでは不十分でした。 Kagua(馨和、「日本の香り」と言います)のビールは、ベルギー産で、日本産ではないと見なされることが多いのですが、それは単にベルギーで醸造されているからです。 そのため、山田さんは日本で醸造された日本市場向けのクラフトビールを作るために日本で醸造所を探し始めました。

2015年、日本クラフトビールカンパニーは社名変更を決定しました。 「ファーイースト」という名前は、2013年4月に創業したクラフトビールブランドに由来し、最初のブランドである「馨和」の後継となりました。 考えは、日本がヨーロッパ(ビールの発祥地)の人々によって「Far Yeast(極東)」にいるとしばしば言われるので、会社がこの「ファーイースト(極東)」の場所から素晴らしいビールを届けることを目的としていくということでした。 これは、同社がそのビールの1つをFar Yeastに指定した理由だけでなく、会社の全体的な哲学についても説明しています。

山梨にある其方村Sonata Villageは、おそらく日本の村を最もよく知っている人以外は誰にでも新しい名前でしょう。 私たちのインタビューの日には、それがまた最もアクセスし辛いものの1つであることが証明されました。そして、巨大な台風が関東を襲った後に倒れた木が道を塞いでいました。 それでも、この村は日本最大のカーナビゲーションメーカーの本拠地でした。 山田さんがそれに出会ったとき、建物は空っぽでした。 それは醸造所の両方の基準を満たしていました – 東京に近く、そしてまた安価でした。

2017年に取得したライセンスで、ファーイーストブルーイングは醸造所を源流ブルワリーと名付け、ベルギースタイルのIPAと東京ブロンドと東京ホワイトのラインナップから始めました 。 生産されたすべてのビールは、多摩川の地元の地下水を利用しています。 これらのビールにはさまざまなラベルがあり、地元で販売されているビールにはその地域でしか見られないラベルが付いていますが、村外で販売されているビールには異なるラベルが付いています。

ビール醸造所の中に足を踏み入れるのは珍しい経験でした。 醸造所自体の内部には、醸造所自体のレイアウトはカーナビゲーション工場の名残でありながら、本部のオフィスはコミュニティセンターのように見え、机には長い折りたたみ式のテーブルと椅子が使用されていました。 天井の高さがマッシュやホットリカーの醸造桶、発酵槽の配置を制限しているので、すべてが建物の正面にあります。

山田さんが醸造所の将来について説明したように、醸造所の裏と側面はもっと面白いです。 樽熟成プログラムとまた商業的にそして顧客からのフィードバックの両方で成功し、醸造所のいくつかはより多くの樽の可能性と共に拡大を可能にするために取りおかれました。 ボトリングシステムもサイズが大きくなり、缶詰めラインにも注目しています。

ファーイーストブルーイングはまた、クラフトビールを飲むことがあなたの最初の選択ではないかもしれない小さい場所に彼らのビールを入れるために一生懸命働いています。 キリンは彼らのTap Marcheシステムのためにビールを作るように彼らに働きかけました、そして、システムのために使われる4L PETボトルはまた醸造所で見ることができます。 クラフトビール愛好家はシステムのファンではないかもしれませんが、それは確かにビールがどのように配達されそして売られるかの方法に挑戦することになるでしょう。

ファーイーストブルーイングのスタッフも、作ったビールのレシピについて同じように言っています。 みんながアイデアを思いつくことを可能にし、また醸造プロセスの間にも手助けする民主的なプロセス。 スタッフ全員がビールの醸造から瓶詰め、計量、清掃、広報まで、さまざまな段階で役割を担当します。

ファーイーストブルーイングは日本中のビール祭りに参加しています、そして、チームのすべてのメンバーは彼らのスケジュールが許す限り多くの祭りやイベントに行きます。 これには2つの理由があります。ファーイーストブルーイングブランドをできるだけ多く出すことですが、できるだけ多くの飲酒者からフィードバックを得ようとすることです。 山田さんによると、醸造プロセスは民主的ですが、フィードバックを得ることは彼らのビールを向上させるために不可欠です。

国内外で醸造所や地域社会とのコラボレーションも数多くあります。 赤ワインや白ワインの樽を使ったバレルエージングチェリーゴーぜ松の木を使ったケトルサワーなどの新しいテクニックを試すこともできます。

ファーイーストブルーイングのラインナップの最後のピースは、ファーイースト東京クラフトビールとバオと呼ばれる渋谷にあるタップルームです。 2017年にオープンしたバーでは、バオという豊富な種類の詰め物を入れた蒸した柔らかいパンと、ファーイーストブルーイングのフルラインナップを用意しています。特別な雑誌のイベントから音楽の夜まで、さまざまなイベントを開催します。 ただし、免許法により、持ち帰り用にボトルを購入することはできません。 山田さんはチェーンの拡大に関して何も譲っていませんでしたが、その可能性について話されているように彼の顔には笑顔がありました。

コラボレーションビールの計画とさまざまな醸造スタイルへのさらなる拡大により、ファーイーストブルーイングはファントム醸造所から物理的な場所を持つ醸造所への変更と将来のための確固たる計画が日本の醸造所の開始数と相反します。 進化するラインナップとコラボレーションを見ると楽しくなるでしょう。

About the Author

Rob

Been drinking beer since longer than I can remember. You can find me in a bar, on the slopes, or doing DIY. I enjoy porters, imperial porters, golden ales, and amber / viennas.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.