ヤッホーブルーイングインタビュー

Yo-Ho Brewing Front ・ヤッホーブルーイングインタビュー

ヤッホーブルーイングは日本最大のクラフトビールメーカーのひとつであり、2019年にはクラフトビールとは何かという議論中で中心となりました。 アメリカでは、クラフトビールを醸造するものについて、非常にはっきりしながらも、ゆるい定義があります。英国はまださらにゆるく、ビールの提供方法に関するいくつかのユニークなアイデアがあります。しかし、日本ではクラフトビールについて明確な定義はありません。

しかし、厄介な避けられない問題 – キリンの投資とヤッホーブルーイングの株の購入-があります。2014年9月, キリンはヤッホーブルーイングの33%の株を取得しました – その際、それは今までに聞いたことのないアイデアでした。

ヤッホーブルーイングは、質問の流れやキリンのイメージを少し気遣いながら、マイクロブルワリーでありながら1/3の資本をキリンに売却することの理由、特にネガティブなイメージを受けることに対し、意味を説明しました。彼らは、急成長により自社でのビール製造が需要に追い付かなくなった為、製造の一部委託を主な目的として提携しました。キリンとの資本提携により、ビール市場の一層の活性化を見込んでおり、ビールづくりにおけるプロセスや原材料には変化がないと頑なに主張しました。キリンビールはヤッホーがスーパーマーケットを起点に拡大する手助けしました。Tap Marcheシステムにもヤッホーブルーイングのビールを組み込んでいます。

ヤッホーは1996年に星野佳路によって設立されました。彼は交換留学生である間にアメリカで最初にクラフトビールを経験し、これまで日本で飲んだことのない味に驚きました。1994年の酒税法改正以前、 下面発酵の それ以来、彼らの焦点は1997年の彼らの最初のバッチ以来、完全にエールビール(上面 発酵されるもの)に集中しています。規制緩和の当時、多くのビール醸造所は、実際のビールを飲む人ではなく、追加の収入源として観光客に焦点を当てていました。ヤッホーブルーイングは後者ではなく前者に焦点を合わせ、それ以来、彼らのビールは国内外で数多くの賞を受賞してきました。

かつてヤッホーブルーイングに在籍していたブルワーに、石井敏氏がいます。海外の攻撃的なIPAで知られる、ストーンブルーイングで働いた経験を持ち、最初の日本の醸造業者の1人です。石井はグアムに引っ越して、石井醸造会社を設立しました。醸造所は彼の元職場ほど知られていないかもしれませんが、ヤッホーブルーイングで醸造ついて学び、醸造所を自分自身で開いた人物として挙げられます。 ヤッホーブルーイングは長野県の浅間山のふもとに位置しており、そこは醸造所の名前をつける際にアイデアを与えました。日本語では、この醸造所はヤッホー (ya-hoo)と呼ばれています。これは、人々が山々からふもとに呼びかける(=ヨーデリング)ときに言う言葉です。山にある醸造所で美味しいビールができたよ、とお客様に伝える意味合いを持たせています。

浅間山から湧き出る硬水は、ビールづくりにも大きな役目を果たしています。その水は飲む安全を確証するために、基本的な洗浄と濾過を受ける間、水自体は土からのミネラルの大部分を吸収します。ヤッホーブルーイングのサイズの醸造所にとっては、軟水を使用するのは比較的簡単です。しかし硬水はビールの味の深さを増します – テロワール感を追加します。

テロワールは、過去にワインでよく使われていた言葉で、今はビール市場でも使用されています。これはヤッホーブルーイングのサイズの醸造所を見逃していません。彼らのハイテク研究室では、醸造者は地域からの様々な補助剤を使うことで実験することができます – 果物、ハーブ、スパイス、そしてカツオフレークのようなものです。日本政府が導入した新しい税法と適合させるために、ヤッホーはかつお節からのうま味抽出物を特色とする以前の限定版ビール、SORRY UMAMI IPA を発売しました。 .

ヤッホーブルーイングの最も人気のあるビールは、2017年にリニューアルを行った、シトラスなホップアロマで知られるアメリカン・ペール・エール、よなよなエールです。- 約20年同じように並んでいたラインアップの初めの新調です。石井さんのストーンブルーイングでの経験にインスパイアされた7%の淡いエールであるインドの青鬼と 、2012年に発売された水曜日のネコは、99%のモルト含有量を持つベルギーのウィットビールです。それは「水曜日のネコ」と言い換えて、それが飲みやすいビールであることを訴え、女性をターゲットにしています。それはオレンジの皮とコリアンダーの種子の風味のために発泡酒として分類され、そして古い税法の下でも飲料の透明度を管理するために使用される成分のためにそのままそう分類されています。2018年に法律が変更されて、特定の副原料を5%までなら使用して良くなりましたが、製法の面などにいまだ制限があり、「水曜日のネコ」は麦芽使用比率が高いにも関わらず発泡酒として売られています。

ヤッホーブルーイングはまた、軽井沢高原ビールという名前で地元の軽井沢地域向けに様々なビールを製造しています。通常のロスターには4種類のビールがあります。ブラックモルトから作られた「ナショナルトラスト」、クリアで滑らかな「ワイルドフォレスト」、、季節限定などの限定生産エール。売上の一部は軽井沢の美しい自然を守り、様々な活動を通しそのアピールを行う「軽井沢ワイルドフォレスト」と「軽井沢ナショナルトラスト」の2つのボランティア団体に寄付されています。

ヤッホーブルーイングは、日本で様々なレストランを運営しているWonder Tableの助けを借りて、YONA YONA BEER WORKSという名のタップルームも展開しました。バーは試行錯誤してデザインされた方法に従い、(執筆時点で)8か所すべてでビールをタップで提供しています。バーはタップでヤッホーブルーイングの主な範囲を提供していますが、さらに缶やボトルで販売されていない季節限定の物も含め、常時10種以上を提供しています。

クラフトビールファンの中には、大手マクロ企業であるキリンとの関連性から、ヤッホーブルーイングを飲まないことを選ぶ人もいますが、ヤッホーブルーイングが日本のクラフトビールに与えた影響は過小評価できません。

 

 

About the Author

Rob

Been drinking beer since longer than I can remember. You can find me in a bar, on the slopes, or doing DIY. I enjoy porters, imperial porters, golden ales, and amber / viennas.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.