Len Kyoto Kawaramachi in Kawaramachi Kyoto

Len Kyoto Kawaramachi Front

Len Kyoto Kawaramachi The Bottom Line It kind of feels like cheating reviewing Len Kyoto Kawaramachi as it’s a hostel more than a bar, but they have craft beer on tap daily so it counts. If you’re walked a bit too much and want a break from the crowds of tourists, then pop over to Len. While there are only three taps …

1

スプリングバレーブルワリー代官山

Spring Valley Brewery Exterior

(日本語はHiroaki Sueki) 最近、新しいブルワリーやビアバーのオープンはとても頻繁で2015年4月17日に代官山にスプリングバレーブルワリーが出来た時も、クラフトビールファンたちはそのことに驚いたり衝撃を受けたりはしませんでした。 スプリングバレーはキリンビールという巨大な怪物がバックに付いているため、サイドプロジェクトだったとしても失敗はありません。しかしながら、キリンが尊敬に値するのは店をオープンする前に少なくとも彼らのビールを市場に出したことです。これらの原型であるビールたちは2015年の4月中頃以降からボトルや生としてリリースされ1ヶ月後瞬時に売切れました。今からそのビールたちを試すにはスプリングバレーで飲むしかありせん。 スプリングバレーブルワリーは「LOG ROAD」と呼ばれる東横線跡地の新しい若者のエリアにあり、そのエリアは代官山駅の北側から線路沿いに伸びています。代官山駅から「LOG ROAD」を渋谷方面に250m歩くとブルワリーがあります。そこは印象的な建築で沢山の荷物を持ったお客さんが並んで外でも飲んでいるので見逃すことは無いでしょう。週末やたぶん金曜の夜は200席あるにも関わらず、席を確保するのはしばらくは難しいでしょう。残念ながら、3時間飲み食いした我々が19時に店を出た際、混雑はだいぶ緩和され、2階にはお客さんはぽつんとしかいませんでした。1階はまだにぎやかでしたが。 おぼえておくべきはスプリングバレーのブルワリーは終日醸造をしているブルワリーということです我々が訪ねた時は何も作っていなかったが、お客さんにマッシュタンや発酵タンク、醸造過程を1日中公開しています。魅力的なのは1階は明るくて広いのに2階は発酵タンクが窓側にあるせいでもっと暗いです。 ここのドラフトビールは2014~15年初めの間に開発され、お客様が(有料で)テストをしました。それぞれ違うスタイルの6種類は:IPA、ピルスナー、スタウト、セゾン、ウィートとフルーツビールです。月替わりの限定ビールもあり、オープンして1ヶ月間ほどは「エール」です。 「496 IPA」は良かったがホップの味はフラットで、味のキックが足りないと感じました。 「COPELAND PILSNER」は良い伝統的なピルスナーで後味が爽快です。 「Afterdark Stout」は個人的に好きなビールで、濃いコーヒーのようなテイストがあります。 「On The Cloud Saison」は好みではなく、とても水っぽいです。 「Daydream Wheat」は柚子の風味は良いですが山椒か日本の胡椒の味は素直に存在。 「Jazzberry Fruit Beer」はただ避けるべきです。 ビールは3サイズをあり、120mlのテイスターは350円、360mlのレギュラーは680円、600mlのメガパイントは1000円。120mlのグラス6個の6種類のテスティングセット1000円もあります。それぞれのビールに合わせたおつまみのセットは別途1000円。 スプリングバレーブルワリーの料理メニューはバラエティーに富んでおり、シンプルなピクルスやスモークナッツから28日間熟成させたステーキまで何でもあります。メニューにはその食べ物とどのビールを合わせるかのペアリングが書いてありますが、何人かのバイリンガルのスタッフにもおススメを聞けます。肉好きの読者の方にはシャルキュトリボード(加工肉プレート)のパストラミがとてもおすすめです。パストラミは意外にも大きく束状に盛られ、サイドには塊状の赤キャベツの漬物が付きます。そしてシャルキュトリボードは5種類の肉が乗っています。パテ・ド・カンパーニュ、グアンチャーレ、イベリコ豚のサラミ、豚のリエットそしてイベリコ豚のチョリソー。量は少ないですがクオリティの高い肉が期待できます。フライドポテト(BeerTengokuでの標準の)は細くてクリスピーでしたが、量が少ないです。ピクルスは良かったがこれも量が少なく、スモークアーモンドは20粒しかなくて残念。同じ金額ならパソトラミをもっと追加すれば良かった。最後に「コープランド」のフィッシュ&チップスは柔らかかったが同じフライドポテトで、これが皮付きだったら良かったのにと思います。 スプリングバレーブルワリーのひと言レビュー 私の中でスプリングバレーブルワリーが好きか嫌いか決めかねています。 お客さんにとっては実際の醸造所を間近で見られる良い機会だが、クラフトビール好きのリピーターを増やすにはビールをもっと洗練させる必要があります。今は2種類のビールしかおススメ出来ません。 食事はとても素晴らしいですが。 スプリングバレーブルワリー営業時間 月曜日から土曜日まで08:00〜24:00(食22:30飲23:00) 日曜日08:00〜22:00(食20:30飲21:00) 電話:03−6416−4960 ウェブサイト: スプリングバレーブルワリー代官山 スプリングバレーブルワリーアクセス 東横線「代官山」駅より徒歩4分、JR山手線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅より徒歩9分 詳細は地図を見て下さい。 [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m28!1m12!1m3!1d2023.6407221594163!2d139.7029248704606!3d35.64854641919003!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!4m13!3e6!4m5!1s0x60188b45c78bc7cd%3A0xc154b0e3d4d0f894!2sDaikan-Yama+Station!3m2!1d35.648241!2d139.703467!4m5!1s0x60188b44f7b3a2d3%3A0xc33d5d78013fb7de!2z5p2x5Lqs6YO95riL6LC35Yy6IOOCueODl-ODquODs-OCsOODkOODrOODvOODluODq-ODr-ODquODvOadseS6rA!3m2!1d35.649938999999996!2d139.7046792!5e0!3m2!1sen!2sjp!4v1443444554344&w=600&h=450]