Home Tags Posts tagged with "TDM 1874 Brewery"
Tag:

TDM 1874 Brewery

  • TDM 1874 ライトゥングスヴァッサー ケルシュは5%のケルシュです。TDM 1874ブルワリーの夏のラインアップを一部です。TDM 1874ブルワリーから「ライトゥングスヴァッサー ケルシュタップウォーター(水道水)の事。 暑い夏にグビグビ飲める夏季限定のビールです。エール酵母による香りも楽しめながら、ラガーのような軽やかな飲み口。いいとこどりのハイブリットビールです。ドイツ産のモルト、ホップを使用し、フローラルでスパイシーな風味に仕上がりました。」 TDM 1874 ライトゥングスヴァッサー ケルシュの目鼻舌 目:クリアなゴールデンの黄色です。泡は大きくて真っ白ですが長く佇みます。 鼻:弱いサワーのレモンの匂いがあります。モルトからビスケットのピルスナーと弱いはちみつを嗅ぎます。 舌:苦くないですけど弱いサワーの味があります。レモンも味します。スッキリな辛口です。ケルシュの良い表現です。 TDM 1874 ライトゥングスヴァッサー ケルシュの感想…

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • 青山のマルシェディジュールはリニューアルにTDM 1874 青山になりました。2018年の10月に開けました。青山一丁目駅から歩きに5分内です。 TDM 1874 青山のインテリア スタンディングバーと席もあります。一階はスタンディングですけど二階で座れます。 席は16個ぐらいです。全部はテーブルです。 チャージはありません。 店内は禁煙です。 Wi-Fiをありません。 TDM 1874 青山のビール タップは5本をあります。4本はクラフトビールです、1本まマクロのラガーです。 グラスは2種類:284mlは550円から590円までです。473mlは900円から980円までです。 値段は税金は含まれていません。 テイスティングセット・ビールライトをありません。 ハッピーアワーもありますけどアサヒビールのみ。…

    1 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM 1874 ブレックファースト・スタウトは5.8%のコーヒー・スタウトです。TDM 1874 ブルワリーの生のラインアップを一部です。TDM 1874 ブレックファースト・スタウトはブラジル産コーヒーを使います。 TDM 1874 ブレックファースト・スタウトの目鼻舌 目:ボディーは真っ黒ですが泡は少しオフホワイトです。長く佇みます。 鼻:コーヒー、チョコレート、クリーミーな香りです。モルトからローストの香りもあります。 舌:苦くないです。すごくスムーズな味です。コーヒー、チョコレート、クリーミーな味ですからすぐ飲めますけどゆっくり飲んでください。炭酸化は少ないですが、このスタイルにはぴったりです TDM 1874 ブレックファースト・スタウトの最終のポイント すごく美味しいですからこのビールを見つけて、飲んでください!

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM 1874 浜なしゴーゼは4%のゴーゼです。TDM 1874ブルワリーのレギュラーのラインアップを一部です。TDM 1874ブルワリーから「「浜なしごーぜ」は横浜の特産である「浜なし」を原料とした世界初のクラフトビール。 樹上完熟の後に収穫し当日のうちに直売するため、ほとんど市場に出回らず「幻」と言われる希少な梨を使っています。」 TDM 1874 浜なしゴーゼの目鼻舌 目:少し曇ったのライトの黄色です。泡はふんわりの真っ白ですけどすぐバブルになります。 鼻:弱いなしと塩です。暖かくの時に弱いピルスナーのモルトを嗅ぎます。シンプルなアロマがあります。 舌:塩となしです。暑い日にぴったりですが春で飲んでからしょうがないね。味は弱いタルトを味しますけど美味しいです。後味は弱いなしとピルスナーです。 TDM 1874 浜なしゴーゼの最終のポイント 4%ですから夏でいっぱい飲めます。ゴーゼを飲みたかったらTDM 1874 浜なしゴーゼのはおすすめです。 オンライン販売…

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM 1874 IPA #8は6.8%のインディア・ペール・エールです。TDM 1874 ブルワリーの限定なIPAのラインアップを一部です。TDM 1874 IPA #8はホップ用にシトラ、モザイク、デナリを使います。 TDM 1874 IPA #8の目鼻舌 目:ゴールデンなオレンジの色です。泡は真っ白ですけどすぐ消えます。 鼻:モルトフォワードです。ちょっとびっくりですから最近IPAはホップフォワードです。モルトからキャラメルを味します。ホップからもも、パッションフルーツ、グレープフルーツです。 舌:苦いですけどモルトの甘さが良いバランスです。ホップとモルトは良いバランスです。ホップからもも、パッションフルーツ、グレープフルーツです。炭酸化が低いです。後味はフルーティな味です。 TDM 1874 IPA…

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM 1874 ブリティッシュ・ベスト・ビッターは4.5%のビターです。TDM 1874ブルワリーのレギュラーラインアップを一部です。 TDM 1874 ブリティッシュ・ベスト・ビターの目鼻舌 目:ダークの銅の色です。泡は薄いのオフホワイトです。すぐ消えます。 鼻:キャラメル、アーシーなホップの香りをあります。 舌:あまり苦くないです。ローストモルト、キャラメルを味します。後味は弱いナッツとレーズンを味します。 TDM 1874 ブリティッシュ・ベスト・ビターの最終のポイント ビターを飲みたかったら、TDM 1874 ブリティッシュ・ベスト・ビターは良い例です。 オンライン販売 長左衛門

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM1874スターダストDIPAは8%のインペリアル・IPAです。TDM1874ブルワリーの生ラインアップを一部です。TDMスターダストDIPAはホップ用にエキュアノト、モザイク、シトラ、ギャラクシーを使う。     TDM1874スターダストDIPAの目鼻舌 目:曇ったのダークゴールデンなオレンジ色です。泡は薄い真っ白です。 鼻:フルーティです。もも、レモン、グレープフルーツ、マンゴ、弱いオレンジです。モルトは弱いキャラメルです。 舌:苦くないです。びっくりだ!スムーズな味ある。ボディーもフルーティです。トロピカルフルーツは最初です。アルコールは高いですけど味しません。 TDM1874スターダストDIPAの最後ポイントです。 見つけば、飲んでよ! オンライン販売 Chouzaemon

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM1874は横浜市西部の郊外にある十日市場という小さな町でビールを醸造しており(我々がこの記事を執筆した時点でちょうど1年)、醸造長のジョージ・ジュニパー氏と彼の作るビールの進化には眼を見張るものがある。彼らが造ったビールは日本各地に広まり、現在は関東の他、新潟、大阪、京都でも飲むことができる。さらに、2017年9月に行われたインターナショナル・ビアカップにて銅メダルを獲得した(ジャパン・ビアフェスティバル)。 店の名前であるTDM1874は、Ten Day Market 1874 の略で、所在地である十日市場を英語表記にして彼らの創業年を加えて名付けられた。彼らは元々坂口屋という日本酒や焼酎の販売取次を行う卸業者である。現在他に2つの酒店を経営し、長左ヱ門商店というオンラインショッピングサイトも運営している。 ここのクラフトビールレストランは最近オープンし、ジュニパーが加わった後、3ヶ月後の2017年1月に醸造資格を取得し、同月の1月27日から醸造を開始した。通常多くの時間がかかる行政の許認可のスピードとしてはおそらく最速記録だろう。 ジュニパーは醸造に関して多様で長いキャリアがある。彼はイギリスのDark Star Brewingで醸造を始めた。この醸造所は高い評価を得ており、Burning Sky Brewery の醸造者はこの醸造所の出身者の1人である。ジュニパーがイギリス・ブライトンの大学生であった頃、彼は出来る時はいつもビールを自宅で作っていた(イギリスでは日本と違い自家醸造は合法である)。そんな彼にチャンスが訪れた。ブライトンのあるパブで彼はDark Starのブルワーと出会い、仕事をオファーされた。ジュニパーはブルワリーになるために学校を退学したのであった。 しかしイギリスの有名なブルワリーにいた彼が、どうして都会から離れた横浜にあるこの小さな店にやってきたのだろうか?私たちがこの質問をすると、ジュニパーは懐かしむような顔をした。 元々彼が2009年に日本にやってきた理由は、日本語能力試験を受けるためであった。イギリスでは毎週日本語の授業を受けていたそうだ。来日後、常陸野ネストビールの製造元である木内酒造の木内洋一氏と出会いスカウトされた。5年間働いていたDark Starに退職を告げ、そして2011年から木内酒造で働き始めた。 しかし木内酒造での仕事は彼の想像と違っていたため、ジュニパーはブリマーブルーイングへ移ることを決めた。そこでジョージは、オーナーのスコット・ブリマー氏の力を借り、ビール造りへの情熱とヘッドブルワーを目指す野心を抱くのであった。 その後、英会話教師をしている時、ジュニパーの友人でビア・キャッツのオーナーであるトッド・スティーブンスが彼に仕事を紹介した。スティーブンスはTDM1874のオーナーの加藤修一氏と交流があり、加藤氏がブルワーを探していると聞き、ジュニパーを勧めた。面接の後、ジュニパーはヘッドブルワーとして雇われることになった。…

    0 FacebookTwitterRedditEmail
  • TDM1874ペールエールは5%のアメリカンペールエールです。TDM1874ブルワリーのレギュラーラインアップの一部です。ホップ用にコロンブスとシンコーを酒造する。 TDM1874ペールエールの目鼻舌 目:ゴールデンの銅の色です。泡が大きなバブルですけどすぐ薄いリングになる。 鼻:レモン、グレープフルーツ、オレンジです。モルトから少しキャラメル、ビスケットのアロマです。 舌:インディアペールエールはより強いですけど苦い。ドライの味ですから飲みやすいです。モルトから弱い甘さもある。ホップからオレンジ、レモン、グレープフルーツを味する。後味はシトスポイ。 オンライン販売 長左衛門

    0 FacebookTwitterRedditEmail
Older Posts

{:en}This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish.{:}{:gb}We like cookies as much as the next person - especially some Oreos - though they are not the kind of cookies you get on the internet. Cookies are used to help improve your experience on BeerTengoku, though we do not store anything on our servers, other sites may do.{:} {:en}Accept{:}{:gb}Thank you!{:} Read More