コエド:コエド澄虎

Coedo Sumatera 1・コエド澄虎 1

コエド澄虎は6%のラガーです。コエドから「COEDOとスペシャルティコーヒーの専門店 堀口珈琲とのコラボレーションビールです。コラボレーションにあたり、醸造過程で堀口珈琲のコーヒー焙煎豆を使用し、ラガースタイルのコーヒービールに仕上げました。 今回使用したコーヒー豆は「LCFマンデリン」は、インドネシア・スマトラ島から届いたばかりのフレッシュな生豆を堀口珈琲の横浜ロースタリーで焙煎したものです。良質なマンデリンには若草やヒノキ、マンゴーなど多様な味わいが感じられますが、今回はフレッシュなマンデリンならではのフルーティーさを活かした焙煎になっています。」 コエド澄虎の目鼻舌 目:少し濁ったのアンバーの色です。泡はあまりありませんです。 鼻:冷たいの時にコーヒーは強いですが暖かくの時にアーシーなホップの香りがあります。マーマレードも嗅ぎます。 舌:苦くないです。コーヒーの味は強いですけど少し暖かくになって。アーシーなホップの味もあります。 コエド澄虎の最終のポイント ラガーとコーヒーを混ぜて、家に自分で同じ味が作ります。 オンライン販売 コエドオンラインショップ ちたしげ(楽天) Advertisements

Advertisements

秩父麦酒:秩父華麗なしろくま〜黒蜜りんご

Chichibu Kireina Shirokuma・秩父華麗なしろくま〜黒蜜りんご

秩父華麗なしろくま〜黒蜜りんごは7%のNE-IPAです。秩父麦酒の限定なラインアップを一部です。秩父麦酒から「Beer O’clock 6周年記念醸造老舗カフェ「呂久呂」とBeerO’clockのコラボビール。「しろくま」のレベル9は、メディアでも話題の「カレージャンボトースト」に合わせるべく造られた、タップリのリンゴ果汁と黒蜜を加えたヘイジーフルーツIPA!」 秩父華麗なしろくま〜黒蜜りんごの目鼻舌 目:少し曇ったのボディーです。色はちょっと変なブラウンの色です。泡は細くて真っ白ですけどすぐ消えます。 鼻:変です。酸化なホップのアロマとジュースのアロマがあります。酵母も嗅ぎますけどそれも酸化した。フェノール性かな〜 舌:ボディーは薄いです。いつものNEIPAよりずっと薄いです。塩も味します。暖かくの時に弱いはちみつはありますけどとても弱いです。 父華麗なしろくま〜黒蜜りんごの感想 NEIPAの悪い例です。 飲まないで。 オンライン販売 ちょうせいや

ベアー ミート ビア:秩父グリズリーIPA

Used Like New Beer Beer 2・ユーズドライクニュービアビール2

秩父グリズリーIPAは7%のブルートIPAです。ベアー ミート ビアのコラボのラインアップを一部です。ベアー ミート ビアから「サブロ、モザイク、ポラリスのホップを使用したBrut IPA。吉祥寺のFatz’s The San Franciscanの1周年記念で作られたのコラボビール。」 秩父グリズリーIPAの目鼻舌 目:アンバーの色です。泡はとても細くて真っ白です。すぐ消えます。 鼻:弱いレモンと松の木のアロマがあります。ドライな香りですから甘さはありません。 舌:苦くないです。甘いくないですけどボディーは辛口です。弱いレモンと松の木の味がありますけどもっとホップの味が欲しいです。 秩父グリズリーIPAの感想 ホップを急上昇させ、モルトを急上昇させれば、IPAに近い何かを手に入れることができます。 オンライン販売 Used Like New Beer

秩父ビール:秩父波乗りくま

Craft Beer Bar iBrew Akihabara Beer 3・クラフトビアバル IBREW 秋葉原ビール3

秩父波乗りくまは7%のウェスト・コーストIPAです。秩父ビールの生のラインアップを一部です。 秩父波乗りくまの目鼻舌 目:少しクリアなオレンジの色です。泡は真っ白ですけどすぐ消えます。 鼻:弱い松の木とシトルスの香りですけどウェスト・コーストにはかなり弱いです。 舌:その苦くないです。味は弱い松の木とシトルスですけどウェスト・コーストにはがっかりです。 秩父波乗りくまの最終のポイント スッキリですけど普通なIPAです。

羽生酒造:こぶし花メルツェン

Kobushi Hana Marzen こぶし花メルツェン

こぶし花メルツェンは6%のドイツ・メルツェンです。羽生酒造のレギュラーラインアップを一部です。羽生酒造から「オクトーバーフェストでおなじみ、モルトを贅沢に使った赤銅色のドイツ・ミュンヘン風ラガービールです。大麦の豊かな旨みを感じられるために、苦味はむしろ控えめに、麦芽のふっくらとした甘みがそこはかとなく感じられるように仕上げました。パンやクラッカーにハム・ソーセージなどをあわせて、ドイツ・ビアホールの味をお楽しみください。」 こぶし花メルツェンの目鼻舌 目:銅おんブランんのん赤です。泡がオッフホワイトの赤です。 鼻:モルトです!キャラメルは強いですけどとても弱いアーシーな香りです。 舌:甘いです。暑い日によくないです。寒い日に飲んだら、体は暖かくになる。ホップがすきだったら、このビールはよくないです。 オンライン販売 びあマ

羽生ブルワリー:こぶし花ベルギー・ホワイト

Kobushi Belgian White こぶしはなベルギー・ホワイト

こぶし花ベルギー・ホワイトは6%のウィトです。羽生ブルワリーの秋限定なラインアップを一部です。羽生ブルワリーから「コリアンダーとオレンジの果皮で香り付けしたベルギーの代表的な小麦ビールです。」 羽生ブルワリーの目鼻舌 目:明るいゴールデン黄色です。泡は大きな真っ白なバブルをある。 鼻:オレンジ、コリアンダー、ビスケット、弱い酵母です。 舌:ドライなビスケットを味する。中味は弱いオレンジ、コリアンダーもある。後味弱い酵母を味する。 オンライン販売 吉田ワイン

2

コエド伽羅インディアペールラガー

Coedo kyara コエド伽羅

コエド伽羅インディアペールラガーは名前通りに5.5%のインディアペールラガーです。以前に書いてあるコエド伽羅のレビューはレシピ更新前のブラウンエールバージョンです。果たしてこの新しい伽羅の評価は?! コエド伽羅インディアペールラガーの目:鼻:舌 目:薄い金色のボディーとふんわりととした大きな純白の泡立ち 鼻:モルトやや目。非常にホップ、少しシトラス 舌:ドライとホッピー、フルーツ感もあるけどほぼホップの印象深くです。爽やかな気分をリフレッシュさせるビールです!僕の気に入りです! オンライン販売 長左衛門 吉田屋酒店 かめや クラフトビールズ

コエドビール:コエドガッツポーズー

Coedo Gattsu Pozu

コエドガッツポーズーは10%のインペリアルIPAです。米カリフォルニア・バークレーのFieldwork Brewingを迎えて、2017年春COEDOクラフトビール醸造所で行われたコラボレーション。モルト用にピルスナー、サワーしホップ用にシムコー、チヌーク、タホマを酒造する。名前が醸造家たちのやり取りの中から決まった企画として、Fieldwork Brewingのブルワー・アレックス氏が野球好きで、仕込み時期が日米ともに球春到来を迎えた頃のため、醸造コンセプトが「ベースボール(野球)」となりました。野球と云えば“木製バット”、そこから埼玉が誇る西川材のヒノキを用いて、かんなで薄く削り高アルコールのビールに漬けこむことで味・香りを抽出。木材は、「心材」と言われる丸太の表皮近くより中心近くの香りが強い部分を使用しました。 コエドガッツポーズーの目鼻舌 目:ちょっと曇ったのゴールデンオレンジの色。泡が真っ白ですがすぐ消える。ビールの上で油性ポイのリングがある。 鼻:すごく松の木の匂い、レモン、グレープフルーツもある。冷たいの時にアルコールはあまり嗅げないけど暖かくよく嗅ぐ。 舌:最初松の木はやや強いです。苦さは高いですが飲める。問題は10%ですけど味は10%じゃないから飲みやすい。レモン、グレープフルーツも味する。後味も松の木と苦さもです。

コエドビール:レジスターIPA

Coedo Regista IPA

レジスターIPAはコエドビールのアメリカンIPAです。アルコールは6%。2017の秋けやきビール祭りで売ります。ホップはシムコー、モザイク、モトゥエカを使用した。 コエドビール:レジスターIPAの目鼻舌 目:淡い麦わら色。泡は白とふわふわした。 鼻:トロピカルフルーツ香りオレンジ、グレープフルーツ、レモン。モルツの香りはあまりありません。 舌:ボディと味:粘性はちょっと薄い。苦いですが飲みやすい。味もトロピカルフルーツとジューシ甘いです。後味が少し柑橘類ですがすぐ薄れる。  

Tokorozawa Dark Horse by Tokorozawa Brewery

Tokorozawa Dark Horse

Tokorozawa Dark Horse is a 5.5% black IPA from Tokorozawa Brewery, based in Saitama, Japan. It’s part of their all year round of draft beers and is yet to see the light of day in terms of bottling. Besides that, not much else is known Tokorozawa Dark Horse as neither their homepage or other Japanese site lists the ingredients used; however, Tokorozawa Dark Horse …