Yggdrasil Brewing Information

Yggdrasil Brewing Logo

Yggdrasil Brewing is a brewpub and brewery located in Hiratsua, in Kanagawa, Japan. Yggdrasil Brewing opened in August 2018; however, their first on-site beers came later in 2019. Yggdrasil Brewing is owned and run by Davido Gardamoto, Yggdrasil Brewing takes its name from the fictional tree that appears in Nordic mythology”Yggdrasil”. Davido, from Brittany, France and loves heavy metal and …

Devilcraft Brewery Information

Devilcraft Brewery Logo

Besides being a popular pizza and craft beer chain of shops, Devilcraft also have a brewery, which is located in Oimachi, in Tokyo, Japan. The story is that the original Kanda branch was going to be a brewpub, but the pizza and craft beer proved to be so popular that it didn’t make sense to take out some of the …

Ushitora Brewery Information

Ushitora Brewery Logo

Ushitora is not just a chain of craft beer bars, but they also have a brewery, which opened in October 2014, with the purpose of better serving beers that their clients liked. Since opening, they have seen a number of brewers pass through their ranks, with Luc Bim Lafontine (Dieu de Ciel!, Godspeed) and Uetake-san (Coedo, Hop Kotan) both having …

イグドラジル ブルーイングのレビュー

Yggdrasil Cover

イグドラジル ブルーイングでイグドラジル ブルーイングを飲みました。いつも長いレビューを書きますけどこれはミニレビューです。 イグドラジルフェンリルの情報 ABV: 5% IBU: 25 スタイル:セッションIPA イグドラジルフェンリルのミニレビュー 目: ライトなゴールデンの色です。ボディーは少し濁った。泡はふんわりの真っ白です。 鼻:ジャムぽいです。イチゴとミントを嗅ぎます。 味:スムーズなボディです。少し辛口です。味もイチゴとミントです。苦さは低いです。 イグドラジルラブゾンビーの情報 ABV: 3.9% IBU: 10 スタイル: ラズベリー・ヴァイセ イグドラジルラブゾンビーのミニレビュー 目:濁ったのダークのゴールデンの色です。泡は細くて白いです。 鼻:ジャムぽいですけど色々なベリーを嗅ぎます。ラズベリーとイチゴの匂いがあります。少し渋いアロマもあります。 舌:渋いラズベリーの味が長く佇みます。べたべたな味ですけど飲みやすいです。アルコールは全然味しません。 イグドラジルマシューピットDIPAの情報 ABV: 7.9% IBU: 45 スタイル:ダブル/インペリアルIPA イグドラジルマシューピットDIPAのミニレビュー 目:ダークな藁の色です。泡はとても細いです、すぐ消えます。 鼻:渋いとせっけんの味ですけど暖かくの時にぶどう、オレンジ、モモの匂いがあります。 舌:苦さは低いです。ちょっとびっくりです。フルーティな味です。ぶどう、オレンジ、モモを味します。アルコールは何も味しません。 イグドラジルコーヒーホッダーの情報 ABV: 6% IBU: 20 スタイル:コーヒーポーター イグドラジルコーヒーホッダーのミニレビュー 目: 真っ黒です。泡は少しオフホワイトですけど長く佇みます。 鼻:全部はコーヒーのアロマです。暖かくの時に少しブラックモルトとチョコレートを嗅ぎます。 舌: スムーズな味けどコーヒーのパンチがあります。暖かくの時にブラックモルトも味しますけどその強くないです。

Ebina Beer Information

Ebina Beer Logo

Ebina Beer is a craft beer brewery located in Ebina, in Kanagawa, Japan. Owned by Czech brewer Tomas Rehak and his wife Fumika, they have been operating since August 2017 and are the first brewery to be located in Ebina. Rehak spent 20 years as part of the well – oiled machine of the Prague orchestra, before moving to Japan …

ナンバーナインブルワリーのレビュー

Number Nine Brewery Beer・ナンバーナインブルワリービール

キーズ パシフィックグリルでナンバーナインブルワリーを飲みました。いつも長いレビューを書きますけどこれはミニレビューです。 ナンバーエイト・ウィートエールの情報 ABV:4.2% IBU:N/A スタイル:スパイスビール・ウィートエール ナンバーエイト・ウィートエールのミニレビュー 目:少し濁ったのゴールデンな黄色です。泡はべたべたの真っ白です。 鼻:ジュニパーベリーとウィートを嗅ぎます。暖かくの時にレモンジュースと皮も嗅ぎます。 舌:コリアンダーとジュニパーの味があります。少しレモンの渋さがあります。ボディーはスムーズですから飲みやすいです。     ナンバーナインIPAの情報 ABV: 5.1% IBU: N/A スタイル:アメリカン・IPA ナンバーナインIPAのミニレビュー 目:ダークのアンバーの色です。泡は真っ白ですけどすぐ消えます。 鼻:木の匂い、キャラメル、松の木の匂いもあります。匂いは少し薄いです。暖かくの時にグラーシな匂いがあります。 舌:あまり苦くないです。木の匂い、キャラメル、松の木を味します。ボディーは薄いですからフレーバーをサポートできません。     ナンバーナイン・コーヒースタウトの情報 ABV: 4.1% IBU: N/A スタイル:コーヒー・スタウト ナンバーナイン・コーヒースタウトのミニレビュー 目:真っ黒ですが泡は少しオフです。泡はすぐ消えます。 鼻:強いコーヒーの匂いがあります。暖かくの時にチョコレートとロスト・モルトの匂いがあります。 舌:強いコーヒーとロスト・モルトを味します。コーヒーの味は強いですけど     ナンバーナイン・ランナーズ・ペールエールの情報 ABV: 1.2% IBU: N/A スタイル:アメリカン・ペール・エール / セッションペールエール ナンバーナイン・ランナーズ・ペールエールのミニレビュー 目:少し濁ったのゴールデンの色です。泡はベタベタな真っ白です。 鼻:グレープフルーツとレモンを嗅ぎます。パイナップルもかぎます。 舌:1.2%ですからアルコールのパンチがありません。ボディーは薄いですけどホップの苦さと味は多いです。レモンとグレープフルーツの味は永く佇みます。とてもすっくりです。

Chichibu Beer Information

Chichibu Beer Logo

Chichibu Beer, also known as Bear Meets Beer, is a craft beer brewery located in Chichibu, in Saitama, Japan. Chichibu is more famous for its fruit and steam trains, rather than breweries, but the husband and wife couple made the move from Hokkaido to start the brewery back in November 2017. They also operate the Mahollo Bar, which is essentially …

Vertere Beer Information

Vertere Logo

Vertere Beer is a microbrewery located in Okutama, in western Tokyo, Japan. The brewery opened up March 2016 and also operate a small bar called Beer Café Vertere. Vertere founders, Hikari Suzuki and brewer Tsukino Kokage are two friends from high school. In December 2014, they established the Vertere company with the idea of “Imagine who, where and how to …

サンクト・ガレン・インタビュー

Sankt Gallen Front・サンクトガレン フロント

過去20年間に日本のビール祭りに行ったことがあるなら、あなたはサンクト・ガレンをもっと見たことでしょう。 日本人のロックスターに合格できるビールを提供している人は、サンクト・ガレンの醸造業者であり、オーナーである岩本さんです。 あなたはまた、おそらく、サンクト・ガレンのSNSを通じたPR努力の背後にいる勤勉な人であり、より一般的に三木として知られる中川さんに会ったこともあります。 彼女はしばしば、新しいバー、新しいビール、そしてビール醸造所自体の中のビデオに関する最新情報を投稿します。 現在の醸造所は2003年以来稼動していますが、サンクト・ガレンの根はずっと古いものです。 日本政府は1994年までビール免許法を緩和しなかったが、岩本さんは父親の団子(餃子)レストランのためにサンフランシスコで醸造していました。 岩本さんは日本に戻って自分の醸造所を開けたいと思っていましたが、米国から輸入されたサンクト・ガレンビールを売った六本木のパブを開いて、最初の一歩を踏み出しました。 自家製醸造の売却は、現在と同じくらい違法であったが、岩本さんはバーで売るために自分の非アルコール性ビールを作りました。 そのパブは、もはや存在していません。 しかし、それは醸造の歴史の重要な部分です。 そこはBaird Bairdと彼の妻SayuriがBairdビールの時代以前に東京に住んでいたとき出会ったところでした。 その話のほとんどは、その当時から秘密に残っているが思い出は岩本さんの顔に、通常よりも大きな笑いをもたらした。 BeerTengokuは、彼が日本のクラフトビールの「オトサン」または父親の姿であるとコメントしました。 彼はあまりにも長い間、日本のクラフトビールに従事しており、それによって苦笑が彼の顔に刻まれました。 岩本さんは福岡出身ですが、日本の醸造所を開設する考えは一度もありませんでした。  東京は彼を引き入れるには余りにも大きかったが、まだ残っています。 当時の厚木地区には、クラフトビールというものはありませんでした。 そこは、安い土地であり、東京へのアクセスが簡単で、岩本さんの父親の餃子店のチェーンの事務所でした。 タンザワ尾根は、サンクト・ガレン醸造所を横切っており、山からの水も醸造所に水を供給しています。 岩本さんのビール醸造への情熱は、それについて話す機会があるたびに表現されます。 そして彼にチャンスを与えれば学ぶ準備をする必要があります。…たくさん! 米国で家庭醸造業者として出発した後、彼は自分の醸造者の免許を所持して、少なくとも4つの醸造所を始動することができる十分な時間があったと冗談します。 彼は約6000バッチのビールを醸造しているし、酵母の問題に至るまで、その時間全体で10回以下のダンプしかしていなかったと推定しました。 家庭の醸造者が専門家の醸造業者となって、それには何が必要なのかについての質問を受けた時の会話でビットを逃さず、彼は「情熱」だと言いました。  あなたは世界のすべてのお金を持つことができますが、醸造プロセスに情熱を持っていなければ、人々が飲みたいビールを作ることはできません。 タスクのいくつかは面倒で疲れていますが、彼は餃子作りの日にこれらのタスクが技術を向上させるのに役立つということを学びました。 もちろん醸造過程が役立ちますが、それらは必要なものの内面と外面を複製することはできません。 1993年に建設された最初の建物は現在の醸造所の後ろにありますが、もはやサンクト・ガレンの所有はありません。 現在の建物への移動は、ビールの需要の増加に対応するために2003年に発生しました。 英国のテレビショー「Doctor Who」を見たことがあるなら、サンクト・ガレンの醸造所はTARDISに非常に似ています。 それは外からは小さいように見えますが、内部を歩いて、小さなパイロットシステムで挨拶されます。 そこでは、契約している醸造所が最初にテストされ、次にスケールアップされます。 その後、ブライトタンク、発酵槽、醸造システムの壁が、輝くステンレス鋼の素晴らしさとしてあなたを迎えます。 各ブリットタンクには2kLのビール(2,000L)が含まれており、発酵槽には4KL(4,000L)が含まれており、醸造システムは、2003年に最初にインストールしたシステムです。 サンクト・ガレンは週に3〜4回は醸造しましたが、彼らは供給が需要に追いつくことができるように二重バッチを生産しました。 さらに、サンクト・ガレンは関東地方のバーやレストランで醸造を請け負い、渋谷のThe Aldgateと新宿の800 Degreesをリピート顧客としています。 三木は、サンクト・ガレンを飲む場所についてつぶやきますが、サンクト・ガレンにはフルタイムの労働者がわずか5人しかいないことは驚くべきことです。販売担当者は誰もいません。 最初からサンクト・ガレンは、彼らのビールをバーやショップに強要したことはありません。 サンクト・ガレンが最初に始めたとき、東京には単3か所のクラフトビールバーがあり、文章を書いている時点では、250以上でした。岩本さんはボトルリングラインが醸造所の成長に重要であることを知っていました。 1時間に1,000本のボトル、すなわち330Lで、1つの発酵槽全体を瓶詰めするのにほぼ一日かかるでしょう。 しかし、醸造所で樽充填場を沿って5人のスタッフ全員は、ビールを得ることに忙しいです。 彼らの販売精神に関する最も驚くべきことは、販売促進のためのフォローアップ訪問をしていないことです。 これを念頭に置いて、そのビールの背後にある気風は、人々が飲みたいなら、それを注文するということです。 賢明な読者は、サンクト・ガレンのラインナップにヴァイツェン、セゾン、ベルギースタイルのビールがないことに気付いたかもしれません。 ほとんどすべての単一の日本のクラフトビール醸造所は、それらのスタイルのうちの少なくとも1つを通常のラインナップの一部として持っています。 シンプルな理由は、岩本さんがBeerTengokuの著名な作家Joeと同じような状況にあり、伝統的にそれらのビールに使われている酵母が腸の問題を引き起こすということです。 さらに、彼はヴァイツェンから独特の香りを見つけます。バナナとクローブも入れません。 他の人がそれを飲むことを好む岩本さんのビール生産への献身は、生産されたビールが、自分の高い基準を満たしていることを保証することはできません。 この献身はまた、サンクト・ガレンからの唯一のフルーツビールが彼らのオレンジゴールドとパイナップルスイートであることを意味します。他のフルーツは、彼らのビールに追加することができるように持って来ません。 それはサンクト・ガレンでの提供があなたの標準的なものであると言っているわけではありません。サンクト・ガレンは、IPAを提供する最初の日本の醸造所の1つでした。彼らの横浜XPAは、他の多くの醸造所がそのスタイルがとてもうまくいくことを知る前に、横浜から供給された水で醸造されました。 彼らのユーモア感覚は、April Foolが発表されるとすぐに売り切れになる年間生産で失われることはありません。 彼らの最も有名な限定版のビールは、「うん、この黒」であり、 “poo black”に翻訳されています。 このビールの反応は面白かったです。数多くの飲む人は、何とか、プーがビールに入ったと思っていました。 …

Awa Beer Information

Awa Beer Logo

Awa Beer is a craft beer brewery located in Chiba, Japan and opened in 1998. Awa Beer uses 100% malt, non-heat treated, and their beers are also unfiltered so the bottles undergo secondary conditioning in the bottle from the yeast. Awa Beer uses only malt and hops from Canada or Germany and they do not use any adjuncts in the majority …