Home Tags Posts tagged with "Japanese Pale Ale"
Tag:

Japanese Pale Ale

  • コエド祭りエールは、埼玉県川越市に本社を置くコエドの5%のジャパニーズペールエールです。このビールは、日本全国で缶とタップの両方で販売されている限定品の一部です。コエド祭りエールは、岩手県産の米を使用していますが、今年のビールは東北地方の米を使用しているものもあります。コエド祭りエールの名前は、コエド祭りエールのプロジェクトに由来しています。”yell “と “ale “は日本語では同じ発音であると言われていますが、日本中の英語圏の人々はそうは思っていないでしょう。 一目瞭然 アルコール:5% スタイル:ジャパニーズ・ペール・エール IBU:18.3 ホップ:サフィーアとテットナンガー 入手方法:限定 サイズ:350ml 値段:350円から 発売日:2021年7月より 特筆すべきアロマ:フローラルなレモンに、ほのかなライスファンクを感じる。さわやかなモルト。 コエド祭りエール:目鼻舌 コエド祭りエールは、比較的澄んだ黄金色の麦わら色をしており、上にはふっくらとした白い泡が立ち、グラスの縁にはいくつかの泡が残っていました。このビールがわずかに霞んでいたのは、米を使ったためにタンパク質が残っていたからではないかと思う。おそらく小江戸まつりエールは完全に濾過されていなかったのだろう。 コエド祭りエールは、非常にはっきりとしたレモンと花の香りで始まりました。アメリカンペールエールほど強力ではありませんが、Coedoはビールに強力な香りを持たせることでは知られていないので、間違いなく驚きました。ビールが少し温まると、米のファンクが出てきて、日本酒のような優しい香りがしました。このビールには、お米だけを変えたいくつかのバリエーションがありますが、お米の風味だけで違いを見分ける自信はありませんね。 また、冷やして飲むと驚くほどすっきりとしたボディで、コエド祭りエールが飲み終わる頃に温まってきても、そのボディのままでした。苦味や酸味はなく、柔らかなレモンの風味が感じられますが、すぐに消えてしまいました。また、米の風味があり、日本酒のファンクが感じられたが、香りと同様に、使用されている米の種類や、どの地域のコエド祭りエールを飲んでいるのかを推測することはできないだろう。私の味覚はそれほど洗練されていないのですが、長年のホップの乱用でそうなってしまったのでしょう。 味が繊細なので、後味はすぐに消えてしまい、レモンと米のほのかな香りが残るだけで、口の中ではすべてがむしろさっぱりとしていて、シャープな印象を受けました。…

    0 FacebookTwitterRedditEmail

{:en}This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish.{:}{:gb}We like cookies as much as the next person - especially some Oreos - though they are not the kind of cookies you get on the internet. Cookies are used to help improve your experience on BeerTengoku, though we do not store anything on our servers, other sites may do.{:} {:en}Accept{:}{:gb}Thank you!{:} Read More