ワイマーケットブルーイングツアー

Y Market Brewing Tour・ワイマーケットブルーイングツアー

名古屋をタクシーで旅をしていくと、(Hop Budsでの前夜は少し飲みすぎた)景色が喧騒から産業地帯に変わっていった。名古屋の北に広がる工場は、人口の埋め立て地である新川のほとりに点在している。すべての工場は同じように見え、典型的な鈍い灰色の外観と、ドアの上にいくつか看板が掲示されているので、今自分がどこにいるかを知ることができる。しかしある建物は、カラフルで鮮やかな倉庫への扉があり、他の建物よりも際立っていた。 ワイマーケットブルーイングは、そのビールへの需要が柳橋市場の彼らのブルーパブでの生産能力を上回っていたため、2018年11月にこの醸造所をオープンした。外からは、その醸造所は真新しく見え、その輝かしい外観は、そのエリアの遥かに古い工場や倉庫とは一線を画している。 色とりどりのドアを入っていくと、キャニングルームのようなところに入る。しかし、そうではない。醸造所の隅々が目的を果たしているのだ。エントランス付近では、空き缶がパレット積みされている。各パレットに3000個程度あり、ここで醸造されたビールの一部をキャニングすることのみを目的としている。ブルーパブとは違い、この醸造所では、作られたビールを缶詰めと樽詰めの両方をここで行っている。すぐ目の前には、もう一つのシャッターがあるが、醸造所に入るためではなく、そこにすべてのモルトが保管されているのである。名古屋の気候は、晴れから雪、極端な場合は40℃から-10℃と、年間を通して変化する。すべてのモルトは温度管理された環境に保管されている。 ワイマーケットブルーイングは、ドイツ、イギリス、アメリカなどの国を代表して世界中からモルトを供給する日本最大のモルト販売業者の1つである大西商事を通じてモルトを輸入している。これらのモルトはオンラインの自家醸造ショップでも購入できる。これは自家醸造者が、ワイマーケットブルーイングのビールで使われているのと同じ材料を使うことができることを意味している。フォークリフトは穀物を取るために使用されるが、それらはミリングステーションに運ばれ、金属部分や粉塵がミリングエリアに入らないように手で切り開かれる。 ワイマーケットブルーイングはIPAとペールエールで有名だが、時には濃いビールを作っている。ビールのバッチごとに最大60袋のモルトが使用されることで、ミリングマシンの洗浄に時間がかかるので、ワイマーケットはまず濃いモルトから製粉する。チョコレート、黒、ローストした大麦、次にキャラメルまたはクリスタルモルトを考慮して、ツーローまたはマリスオッターなどの淡いベースモルトに移っていく。ミリングマシンは、オーバーヘッドコンベアベルトを介してマッシュタンに直接接続される。ただし、オート麦やライ麦などの非麦芽製品の一部は、別の機械で製粉される。小麦は製粉するのが難しいことで有名な穀物。小麦粉を大量に生産し、マッシュをグミにすることができるため、これはモルトから製粉され、コンベヤーベルトで運ばれる。 メインの醸造エリアに入ると、スペースが広い。ワイマーケットは空間を有効活用してきたので、将来の拡張に向けて、まだたくさんの空き部屋がある。それは「もしも」の備えではなく、来るべく「その時」のために。発酵槽を過ぎると、パイプ(温水、クリーニング、麦汁)が頭上を走っており、すべてがステンレスの容器の後ろに落ちる前に、どこかへ運ばれる。 醸造エリアは印象的な仕組みである。醸造所の遠端にあるプラットフォームの上部に4つの巨大な樽があり、醸造所の中央と側面に広がる発酵槽と水槽を見下ろしている。カチさんが好むように、樽はすべてコンピューターで制御されているが、手作業で操作され、醸造者によって選択されたマッシュ温度などの特定の項目がある。他の日本の醸造所とは違い、ワイマーケットブルーイングには、通常のホップを煮沸するよりもホップの風味を高めるためにシステムに接続された、4段階のホプロケット(執筆時点で日本最大)がある。 ナカニシさんは、現在のシステムで要求があれば、ダブルブリュー、場合によってはトリプルブリューも可能だと言っていた。醸造の始めから終わりまでかかる時間は、通常およそ6時間だ。 これは、都市から水を集める2つの巨大な水タンクのおかげである。地下の帯水層や井戸を使う他の醸造所と比べると変に聞こえるが、(日本のお酒はボトルラベルに印字することで有名だが、)その理由は都市の水と炭素をろ過し、ビールの種類に合わせてプロファイルを変更するためである。 2つの巨大な水タンクには、HLTとして知られるマッシュ用の温水とスパージング(麦汁ろ過)用の温水が含まれ、冷水タンクには冷却用の水が含まれている。この冷却プロセスは、麦汁がワールプールタンク(ビール天国の旅で出会った中で最も大きいものの一つ)を通過すると発生する。この巨大な樽は、ビールが冷め始めたら、麦汁が沸騰してよりデリケートなオイルの一部が蒸発するので、より多くのホップのフレーバーとアロマを与えるために使用される。麦汁がワールプールタンに運ばれると、中心が回転し、ホップが加えられる。この回転効果は「ティーカップ効果」と呼ばれ、アルバート・アインシュタインによって初めて要約された。アインシュタインがビールのホップに影響を与えたと誰が思うだろうか。その後、麦汁をさらに20分ほど放置して、ホップとトラブが容器の中央にコンパクトなトラブ/ホップパイルを形成できるようにする。麦汁は、容器の側面にある口からポンプでくみ出すことにより、パイルから簡単に分離できる。 麦汁は、醸造所の中央にある9つの3600リットルの発酵容器の1つに送り込まれる。これらはそれぞれグリコールで冷やされており、我々が訪問しときにはすべて満杯だった。いくつかはワイマーケットブルーイングのレギュラーラインナップで、いくつかはコラボレーションビールで、いくつかは春けやきビールフェスティバルのスペシャルビールだった。自社セット酵母もない。ビールの各バッチは、ビールごとに特別に輸入されたワイイーストの液体酵母を使用して醸造される。さらに、カチさんとナカニシさんの細かい性格により、酵母が追加されようとしているとき、感染または野生の胞子がパケットにないことを確実にするため、パケット全体を洗浄している。これは裁断道具にも当てはまる。ポケットナイフ、ハサミ、またははるかに大きなナイフなど、細心の注意を払ってすべてを洗浄している。 ビールが生産完了とみなされると、3つのBBT(Bright Beer Tank) のいずれかに移動する。これらのタンクは、ビールが樽詰め、瓶詰め、またはワイマーケットブルーイングの場合は缶詰めのいずれかに移動する前に、炭酸を入れるために使用される。ビールのすべてのバッチの3分の1はこの場所で缶詰にされ、残りはタップルーム、ワイマーケットバー、または日本中のバーのいずれかで販売されている。 ビールが缶詰め・洗浄・乾燥されると、X線を照射して、ビールの内部に金属部分がないこと、ビールのレベルがすべて同じであることを確認する。ビールに不備がある場合、出荷品からすぐに弾かれる。「試飲」を期待して、そのビールはどうなるのか尋ねたところ、ナカニシさんは笑い飛ばして、このビールは消費用じゃないと言われた。各バッチからの抜き取りサンプルは、厳しい基準を満たしているか検品されて、ラベルが貼られる。 当初は缶に熱収縮ラベルを使う予定だった。しかし、空き缶にフィルムを加熱すると缶がつぶれてしまった。もちろん、ビールを入れた後に缶を加熱することも望ましくないため、ワイマーケットブルーイングはシンプルで効果的なシングルストライプダウンを使用することにした。その後、ビールは巨大なウォークイン冷蔵庫に保管され、ビールが販売のために出荷される前に、ヤキマバレーチーフからのホップも保管されている。 ツアーで一番重要な場所は恐らくタップルームである。主に週末に開いており、タンクから新鮮なビールを飲んだり、いくつか持ち帰ったりもできる。ワイマーケットブルーイングの全スタッフもそこ(事務所の隣)で飲んでおり、スタッフと会って話すことができる。ワイマーケットブルーイングでは一般的にツアーは行っていないが、機会があれば、実際に見学するのに最適な醸造所である。  

ワイマーケットブルーイングインタビュー

Y Market Brewing Front

名古屋への旅行は恐らくお気に入りの旅行の一つである。アクセスしたいすべてのものがすぐ近くにある。駅から市内中心部(新横浜)に行くための電車の乗り換え、不気味な建物(京都)から逃げるために歩き回り、実際の都市(金沢!)に行くためにバスに乗る必要はない。そして名古屋では、歴史と飲酒の両方の観点から、柳橋エリアは外せない。 柳橋市場は早朝から開いており、地元の飲食店やバーに新鮮な食材を供給し、地元の人々も港に運ばれた新鮮な魚を探している。市場は明治初期(1868年頃)からある。市場の朝は、かつては活気があったが、時が経つにつれて、スーパーマーケットがこれらの個人商店にとって代わるようになり、このエリアは廃れていってしまった。 大正時代の1920年代にオープンした、市場に残る数少ない酒屋の一つである「酒の岡田屋」に入っていく。柳橋市場の北端に位置するこの店では、さまざまな種類の日本酒、ワイン、クラフトビールを販売しており、この地域のバーの販売店としても営業している。このエリアの多くのバーの親会社は、酒の岡田屋が名古屋地区にクラフトビールバーをオープンすることを許可した。 クラフトビール ケグ ナゴヤは、2009年にオープンした国内ビール専用の最初のクラフトビールバーである。地元の別の醸造所である盛田金しゃちのタップルーム、地元クラフトビールの需要が足りなかったために2000年代後半に閉店したビアサーカスの後にオープンした。2009年は地元の人たちが名古屋でクラフトビールの始まりだと思ったもう1つの重要な年である。これは大胆な主張だが、それ以来多くのバーがオープンしていると見ていると、否定はできない。 しかし、柳橋エリアは国内クラフトビールの突然の取り込みによる利益を得ていなかった。 酒の岡田屋の社長、ヤマモトヤスヒロさんは、市場を取り巻くこの地域で育った。しかし、時間の経過とともに変化するのを見て、市場を活性化するために何かしなければならないと悟ったのだ。日が暮れると地元のバーに頻繁に出入りする人混みを見て、名古屋の中心部で初めて醸造所を開くというアイデアに至った。 ヤマモトさんの成長にとって市場が重要な役割を果たしているため、この地域が醸造所で大きな役割を果たしているのは当然のことだった。しかし、醸造所を開設するよりも、主に必要な土地の面積と最初からの経済的要求のために、ブルーパブがその地域に適していると判断された。その土地へのオマージュとして、そのブルーパブはワイ(Y)マーケットブルーイングと名付けられ、2014年3月にオープンした。 カチさんは、ワイマーケットブルーイングの醸造責任者で、我々が訪問する日はお休みの予定だった。しかし、野球の試合のためにビールを買いに少し立ち寄るつもりだったものが、ナカニシさん(読売ジャイアンツの熱烈なファン)も一緒に醸造の側面について談笑することになった。 カチさんもナカニシさんも日本のクラフトビールにまつわる歴史は長い。 カチさんは、惜しまれつつも2018年に閉店した木曽路ビールを開業し、ナカニシさんは伊勢角屋で醸造を始めて、2019年も引き続き好調である。しかし醸造への道のりはどちらも、それほど順調だったわけではない。 カチさんがクラフトビールの世界に飛び込んだのは、日本ではなくカナダだった。彼は交換留学生として勉強していたが、お金が足りず、さらに必要だということに気付いた。海外留学は、とても高額な勉強方法である。地元のバーで仕事を見つけることは、大きなマクロビールではなく、より多くのお金が手に入り、地元で作られたビールと接することができる。また、カナダでは、カチさんは20年以上の経験を持つ有名なカナダの醸造家であるリュック・ビム・ラフォンテーヌと出会い、デュー・デュ・シエル(カナダ)と、うしとら(日本)での経験があり、現在はカナダに戻って自身の醸造所「ゴッドスピード」を所有している。ラフォンテーヌはカチさんに自家醸造を始めることにお金を費やすよう説得し、一人の醸造者が誕生した。 2人の醸造者が加わり、ブルーパブの準備が整ったため、最初の醸造の申請全体は比較的苦労しなかった。当初の予定は500ℓの設備だったが、鳥取のある醸造所が当時閉業したばかりだったので、1000ℓの設備を購入し、今日まで使用している。ヤマモトさんは自由な決済権を2人に与えていたので、カチさんとナカニシさんは自分たちが飲みたいと思うビールの醸造を始めた。ワイマーケットブルーイングは、ペールエールとIPAからスタートした。両方ともアメリカの影響を強く受け、そのビールにはアメリカ産ホップがふんだんに使用された。 二人の醸造者は、ドリンカビリティ(飽きずに飲み続けられるか)のあるビールを作りたいということに関しては、しっかりと合意していた。ビールは、アルコール、ホップ、またはモルトの点で高くても低くもなるが、何度も飲めるものでなければならない。しかも1回や2回だけではなく、何回もである。飲みやすいビールほど、何度も飲みたくなるものだ。スカイペールエールシリーズなど、ワイマーケットブルーイングのラインナップの中にはいくつかの確固たる存在があるが、限定版と季節品はたいていこのペアがシェアし、試してみたいというアイデアから産まれたものである。 ビールの名前の付け方は、いくつかの名前が表しているようにランダムではない。スカイペールエールシリーズは、パープルスカイペールエール、イエロースカイペールエール、オレンジスカイペールエールなど、すべて色が含まれている。すべては二人が共有した経験に由来している。パープルスカイペールエールは、カチさんがカナダで経験した高温多湿の天候に加えて、濃くて暗い雲の雲系に由来している。イエローペールエールは、日本のシトロンとして知られる柚子を思い出させる。オレンジペールエールは、既に推測できたかもしれないが、「不知火(しらぬい)」と呼ばれる九州で見られると噂されている未知の炎のオレンジ色を思い出させるのである。 2015年にワイマーケットブルーイングは、需要があるかどうかを確認するための実験として、人気のあるビールのいくつかを瓶詰めし始めた。しかしブルーパブの小さい空間では瓶詰めする能力が低いので、ワイマーケットブルーイングは静岡の御殿場高原に、ビールの醸造と瓶詰めを手伝ってもらった。しかしワイマーケットの人気が高まるにつれて、1000ℓがワイマーケットブルーイングの成長を助けるのではなく、妨げになっていった。一週間の最大生産キャパシティでも、作るよりも早くビールが売れていくため、新しい醸造所を開く必要があった。 2018年11月、ワイマーケットブルーイングは名古屋の街の中心から北に約8㎞離れた新川の北にある小さな工業地帯に、新しい醸造所をオープンした。醸造所の容量ははるかに大きく、30 キロℓ以上の発酵と3つの明るいビールタンクも使用可能である。システム自体も、通常の日本の醸造所ではなくアメリカの醸造所の一般的な設備を備えており、ワールプールタンク(沸騰後およびビールの冷却中により多くのホップフレーバーを与えるために使用)、連なった4つのホップロケット(単一の醸造所では執筆時の日本最大)、およびシエラネバダによって有名になったポータブルホップトルネードもある。 2019年、ワイマーケットブルーイングはビールの瓶詰めから缶詰めへ、拡大し続けるプロセスに移行した。3500ℓバッチの3分の1が缶詰めへ、残りが日本中のバーへの販売のための樽詰めに回される。ただしこの新しい醸造所ができたことで、タップルームにある元の醸造所をクローズするということではない。人気のあるビールは大きなシステムで醸造され、テスト醸造はタップルームシステムで行われる。Lupulin NectarやLa Mosiqueなどのビールが人気になった場合、これらは将来の販売のために缶詰めされる。 缶詰めへの移行は簡単ではなかった。缶を手に取って見てみると、側面のシンプルな色のラベルは意図的な設計プロセスではなかった。ビール缶で直面した主な課題は、缶に使用される元のラベルはフィルムの上に生成され、それが缶にフィットするように熱収縮されたときに缶が押しつぶされてしまうことだった。そのため、ラベルのアイデアが生まれたのだ。しかし、ナカニシさんは、ラベルで使用する色がどんどん増えるので、次にどんな色が来るのかと冗談を交えながら話した。 カチさんもナカニシさんも、Cascade、Culmination、50/50、Hereticなどの国内および海外の醸造所とのコラボレーションに興味があり、現在計画中で、既に行われたものもある。 ワイマーケットブルーイングは、良い理由によって、短期間で大きな進歩を遂げた。実権を握っている2人の醸造者が目標を明確にし、社長が彼らに完全なコントロールを任せている。これは日本のビジネス志向の環境では珍しいことなのだ。次にクラフトビールバーを訪れてワイマーケットブルーイングを見かけたときは、クラフトビールが街の小さなエリアを救うと信じた人によってすべてが始まったことを覚えておくべきだろう。

Kakegawa Farm Brewing Information

Kakegawa Farm Brewing Logo

Kakegawa Farm Brewing is a Japanese nano-brewery located in Shizuoka, in Japan. It is located in the western part of Shizuoka Prefecture, an area known as a production center for tea. It prospered in the castle town of Kakegawa, which in the Edo period it developed as a postal town along the Tokaido road. Kakegawa Farm Brewing obtained their license …

Fujiyama Hunter’s Beer Information

Fujiyama Hunter's Beer Logo

Fujiyama Hunter’s Beer is a craft beer brewery located in Fuji city, in Shizuoka, Japan. The brewery opened April 2018, and have been bottling their beers since late 2018. One of the aim’s of Fujiyama Hunter’s Beer is to use as much local produce as possible in their beers from the Fujinomiya area in the future, though right now, the …

Izu no Kuni Beer Information

Izu no Kuni Logo

Izu No Kuni is a craft beer brewery, located in Izu, in Shizuoka, Japan. The brewery launched in 2010, and their aim is to be a full-fledged European-style brewery. All of ingredients used in making their beers are from Germany, France, and the United Kingdom. Izu no Kuni Beer use a 1,000L system and is based in the Minna no …

ファーイーストブルーイングのインタビュー

Far Yeast Brewing Front・ファーイーストブルーイングフロント

何が最初に来るか – 醸造所かビールか? 契約醸造所が他の人のためにビールを製造し、ファントム醸造所が別の醸造所に現れてビールを製造しているこの時代には、それは簡単な質問ではありません。 さらに、もしあなたが日本の役人と話をしたことがあれば、あなたは官僚主義に遭遇したことでしょう。 ファーイーストブルーイングは、日本の他の醸造所と比べて比較的新しい醸造所のように思えるかもしれません。 しかし、彼らの「馨和」のビールは日本のクラフトビール業界で良いスタートを切りました。 そしてまた彼らのビールを世界中で売る珍しいルートも。 しかし、彼らのビールはビール醸造所の設立前にやってきて、ファーイーストブルーイングのオーナーである山田さんがいかにしてクラフトビールを製造するようになり、クラフトビールを国内外から輸出している会社だけでなく渋谷のバーを経営しているのを知るのは興味深いことです。 山田さんはベンチャーキャピタリストとして働いていて、日本のインターネットスタートアップ企業に関わっていました。 彼が2005年にケンブリッジでMBAのために勉強していたときに、ケンブリッジの卒業生であるBaron Bilimoria がCobra Beerの運営についてJudge Collegeの学生にプレゼンテーションを行いました。山田さんは2つのヨーロッパのビールの大国であるベルギーとミュンヘンを訪問した後だったので、ヨーロッパのビールについてすでに知識がありました 。 山田さんはBilimoriaの、Cobra Beerがインド料理にどのように適しているか(その低炭酸とソフトな風味がスパイシーなカレーと相性が良い)、という話を聞き、日本の料理と合わせるビールはどうだろうと考えました。アサヒスーパードライは、その清潔な(または口当たりの良いと言う人もいるかもしれない)味で日本の外でよく知られているかもしれませんが、それは日本の食べ物に見られるしばしば繊細な風味と対になりません。 山田さんは何度も試みて、途中で調整を加えながら、使用する付加物として山椒と柚子の2つを選びました。 どちらも日本の料理によく使われています。山椒は、蒲焼きうなぎ、焼き鳥などに振りかけています。日本の七味の7つの成分の一つです。 ゆずの皮は料理の飾りとしてよく使われ、その果肉はポン酢で使われます。 2011年に日本クラフトビールカンパニーとして始まり、これら2つのフレーバーで、「馨和」蚊ぐわシリーズが誕生しました。 しかし、彼のアパートから仕事をすることは、これらのビールを作るために醸造所が必要であることを意味しました。 このために彼は、Flemish Ardennesの端にあるEast FlandersのDe Graal醸造所に連絡しました。 山椒と柚子は日本固有のものであるため、これらをベルギーに送りました。 Kaguaビールが作られると、それらは日本や他の国々に輸出されます。 しかし、山田さんにはこれだけでは不十分でした。 Kagua(馨和、「日本の香り」と言います)のビールは、ベルギー産で、日本産ではないと見なされることが多いのですが、それは単にベルギーで醸造されているからです。 そのため、山田さんは日本で醸造された日本市場向けのクラフトビールを作るために日本で醸造所を探し始めました。 2015年、日本クラフトビールカンパニーは社名変更を決定しました。 「ファーイースト」という名前は、2013年4月に創業したクラフトビールブランドに由来し、最初のブランドである「馨和」の後継となりました。 考えは、日本がヨーロッパ(ビールの発祥地)の人々によって「Far Yeast(極東)」にいるとしばしば言われるので、会社がこの「ファーイースト(極東)」の場所から素晴らしいビールを届けることを目的としていくということでした。 これは、同社がそのビールの1つをFar Yeastに指定した理由だけでなく、会社の全体的な哲学についても説明しています。 山梨にある其方村Sonata Villageは、おそらく日本の村を最もよく知っている人以外は誰にでも新しい名前でしょう。 私たちのインタビューの日には、それがまた最もアクセスし辛いものの1つであることが証明されました。そして、巨大な台風が関東を襲った後に倒れた木が道を塞いでいました。 それでも、この村は日本最大のカーナビゲーションメーカーの本拠地でした。 山田さんがそれに出会ったとき、建物は空っぽでした。 それは醸造所の両方の基準を満たしていました – 東京に近く、そしてまた安価でした。 2017年に取得したライセンスで、ファーイーストブルーイングは醸造所を源流ブルワリーと名付け、ベルギースタイルのIPAと東京ブロンドと東京ホワイトのラインナップから始めました 。 生産されたすべてのビールは、多摩川の地元の地下水を利用しています。 これらのビールにはさまざまなラベルがあり、地元で販売されているビールにはその地域でしか見られないラベルが付いていますが、村外で販売されているビールには異なるラベルが付いています。 ビール醸造所の中に足を踏み入れるのは珍しい経験でした。 醸造所自体の内部には、醸造所自体のレイアウトはカーナビゲーション工場の名残でありながら、本部のオフィスはコミュニティセンターのように見え、机には長い折りたたみ式のテーブルと椅子が使用されていました。 天井の高さがマッシュやホットリカーの醸造桶、発酵槽の配置を制限しているので、すべてが建物の正面にあります。 山田さんが醸造所の将来について説明したように、醸造所の裏と側面はもっと面白いです。 樽熟成プログラムとまた商業的にそして顧客からのフィードバックの両方で成功し、醸造所のいくつかはより多くの樽の可能性と共に拡大を可能にするために取りおかれました。 ボトリングシステムもサイズが大きくなり、缶詰めラインにも注目しています。 ファーイーストブルーイングはまた、クラフトビールを飲むことがあなたの最初の選択ではないかもしれない小さい場所に彼らのビールを入れるために一生懸命働いています。 キリンは彼らのTap Marcheシステムのためにビールを作るように彼らに働きかけました、そして、システムのために使われる4L PETボトルはまた醸造所で見ることができます。 …

Ji-Beer Hida Information

Ji-Beer Hida Logo

Ji-Beer Hida is a microbrewery located in Takayama, in Gifu, Japan. The brewery has been in operation since 1996, though since opening, they’ve been quite quiet in the craft beer scene in Japan, and it used to be sold under the brand name “Kosho Konokuni”. The brewery uses local water from Hida for brewing and they follow the traditional idea …

Matsumoto Brewery Information

Matsumoto Brewery Logo

Matsumoto Brewery is a craft beer brewery based in Matsumoto, in Nagano, Japan. The company was founded in 2016, with them initially brewing on other breweries’ system; however, Matsumoto Brewery acquired a brewing license in 2018, and since then, have also hired an American, Rob Lobreglio from Great Dane Brewing Company, as a consultant to help them decide on beers …

Uchu Brewing Information

Uchu Brewing Information

Uchu Brewing is a Japanese craft beer brewery located in Hokuto city, in Yamanashi, Japan. Uchu Brewing started brewing in March 2018 with the first beers being released in May of the same year. Unlike many other breweries in Japan, Uchu Brewing actually started out by growing their own hops as to use in their own beer; however, they soon learnt afterwards …

Y Market Brewing Information

Y Market Brewing Logo

Y Market Brewing is a craft beer brewery located in Nagoya, in Aichi, Japan. Opened in 2014, Y Market Brewing is owned by the same company that owns Sakaya Okadaya in the heart of the Yanagibashi Market in Nagoya. The building encompasses both the brewery on the first floor, and the brewpub on the second. The current head brewer, Kachi-san, used to …