Home Event Reports
Category:

Event Reports

BeerTengoku gets invited to many events throughout the year – here’s a small section of the events and what we thought of them.

  • 2015年3月2日BeerTengokuは、虎ノ門ヒルズ内にある「ABOVE BAR&GRILL」で行われた“コエド紅赤リニューアルパーティ”に招待されました。コエド紅赤はサツマイモを使用しており、その製造方法が今年変わりました。本日は、新しくなったコエド紅赤のお披露目です!(パーティは午後5時から開始され、午後8時からは一人¥3,800で2時間飲み放題という形で一般客も参加可能でした。) コエド紅赤は約10年間もの間大変人気のあるビールでしたが、コエドのスタッフたちは、ここ2年間ビールを新しくすることについて話し合ってきたそうです。既に人気のあるビールは今回どのように変わったのでしょうか? 会場には、コエド社の全てのビールと、それに加えて最近同社から発売されたコエド鞠華(IPA)が用意されていました。 主役のコエド紅赤は、旧紅赤と新紅赤が比較するために両方用意されており、パーティ出席者はブラインドテイスティングを行いました。 ところで、今年からコエドのラベルデザインも一新されました。以前のデザインでは、そのラベルだけでビールのタイプを知ることは困難でしたが、今回デザインが新しくなったことによって、簡単にビールのタイプを知ることができるようになりました。これはわたしたち外国人にとっても、わかりやすい表記となっています。新しくなったコエド紅赤が今後どのように海外市場で成長していくのか楽しみです! さて、会場で提供された食事は全てコエド社のビールにふさわしい料理となっていました。例えば、トリュフソルトを使ったポテトフライはコエド白と、イノシシ肉、牛肉、豚肉などの肉料理はコエド漆黒、エビを使った料理はコエド瑠と、甘いデザートはコエド紅赤と、そして小松菜のマリネとケーキなどのフワフワなデザートにはコエド鞠華がそれぞれの料理に合うビールとして提示されていました。 はたして、今回の主役となった新しいコエド紅赤は、どのように評価されていくのでしょうか?!

    0 FacebookTwitterRedditEmail

{:en}This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish.{:}{:gb}We like cookies as much as the next person - especially some Oreos - though they are not the kind of cookies you get on the internet. Cookies are used to help improve your experience on BeerTengoku, though we do not store anything on our servers, other sites may do.{:} {:en}Accept{:}{:gb}Thank you!{:} Read More