ファーファーイーストブルーイング:イーストアスパイア・トゥ・グレープネス

Far Yeast Aspire to Grapeness・ファーイーストアスパイア・トゥ・グレープネス

イーストアスパイア・トゥ・グレープネスは6%のバレルエイジセゾンです。ファーファーイーストブルーイングの限定なラインアップを一部です。ファーファーイーストブルーイングから「本商品は、昨年10月に発売した甲州とマスカット・ベーリーAを使用したセゾンである「Japanese Grape Saison」をベースとしています。Japanese Grape Saisonの主発酵後に、追加でマスカット・ベーリーAを投入してワイン樽とウィスキー樽に移しました。ぶどうの皮についている野生酵母や樽内の微生物による二次発酵を経て、3ヶ月間熟成させています。”Off Trail” のプロジェクトリーダーであるリチャードが「ワインによく使われる品種のぶどうを使ってビールとワインの境界線をなくす挑戦がしたかった」と語っているとおり、ワイン樽とウィスキー樽で醸された複雑な香りと酸味がライトボディの赤ワインを彷彿とさせる奥行きのある商品に仕上がっています。」

Far Yeast Aspire to Grapeness・ファーイーストアスパイア・トゥ・グレープネス

イーストアスパイア・トゥ・グレープネスの目鼻舌

目:ルビーの色です。泡は細くてふんわりの真っ白ですけどすぐ消えます。

鼻:さくらんぼとブドウを嗅ぎます。バレルから弱いオークの香りがあります。暖かくの時に酵母から弱いファンクの匂いを嗅ぎます。モルトは何も嗅ぎませんでした。

舌:スムーズなボディーがあります。一番強い味はさくらんぼとブドウ、ですけど少し渋いです。辛口ですけど冬の中に飲むのはちょっと変です。後味は弱い酵母のファンクとさくらんぼを味します。

イーストアスパイア・トゥ・グレープネスの最終のポイント

十分に鑑賞するにはウォーミングアップが必要な繊細なビール。

オンライン販売

About the Author

Rob

Been drinking beer since longer than I can remember. You can find me in a bar, on the slopes, or doing DIY. I enjoy porters, imperial porters, golden ales, and amber / viennas.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.