1

ベアレンベビール:べアレンチョコレートスタウトヴィンテージ

Baeren Chocolate Stout Vintage ベアレンチョコレートスタウトヴィンテージ

アレンチョコレートスタウトヴィンテージは9%インペリアルスタウトです。べアレンチョコレートスタウトヴィンテージは限定のラインアップの一部です。毎年ベアレンベビールはべアレンチョコレートスタウトを老いてする。

Baeren Chocolate Stout Vintage ベアレンチョコレートスタウトヴィンテージ

目:真っ黒です。泡が薄いオフホワイトです。

鼻:冷蔵庫に入ったから冷たいの時に匂いがとてもフェイントです。暖かくの時にチョコレート、コーヒー、ロストの香りです。クリーミーも嗅ぐ。

舌:スムーズな味です。アルコールは高いですけど味しません。最初の味はチョコレート。それからロストコーヒーの味もする。苦くないです。

オンライン販売

About the Author

BeerTengoku Writer

Who is the BeerTengoku Writer? Noone seems to know. Neither Rob nor Joe have been in the same place when the Writer has been out. All we know is that he likes big bold beers and knows a lot.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!

Comments 1

  1. The warmer it is, the faster it ages, basically. The reverse is true. Keep it really chilled and it won’t ‘age’ as much.
    Yes, definitely these strong beers need to reach a temp where the aromas and flavors are released.
    It’s almost criminal when they are served at fridge temps. All that effort and expense, basically wasted.
    Not sure a chocolate st should be aged. More to help the roast and harsher black flavors to soften and merge with the others, like in a barley wine or toasty impy stout.
    Or a Belgian lambic or sour, where flavors evolve and soften to some extent.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.