3

デビルクラフトのインタビュー

Devilcraft Brewery

あなたが関東エリアに住んでいるのなら、デビルクラフトの3店舗、神田の1号店と浜松町にある2号店と五反田の3号店はクラフトビールとピザが好きなら必ず訪問すべきお店です。 関東エリア外から上京していても最後はたいていデビルクラフトに落ち着きます。 ジェイソン・コーラー、ジョン・チャンバース、マイク・グラントによって操業されてきたこの4年間、彼らはクラフトビールシーンにおいて大きな成功を収めたと言っても差し支えないでしょう。そして2015年に醸造所をオープンさせた際にも勢いは止まりません。 ジェイソンとジョン、そしてマイク彼ら全員はアメリカでのホームブリューワーとしての経験があります。アメリカではそれは趣味の域を超えて、クラフトビールシーンをも急成長させました。 マイクは大学時代に彼の兄によってクラフトビールとホームブリューイングの世界を知りました。これは家族の物語である – 売っているビールはコストがかさむので、自分で安く作る、後にその趣味にどっぷりハマる、そしてすぐに彼の兄を凌駕してしまう。マイクは自分の自由時間に川崎のいくつかの醸造所にボランティアとして参加し、いつか自分の醸造所を作る夢をみていました。 ジェイソンは1997~1998年頃にホームブリューイングに興味を持ち始めました。彼は長年のビール好きで、父親とワインを造ったり、祖父は禁酒法時代にホームブリューイングをやっていたりしたそうです。しばらくしてから、2003年に彼は真剣に醸造を始めました。 最初からプロを目指していたそうです。2006年にはシエベル工科大学でビールの醸造を勉強して、同年日本に移り住んだ後に今は亡き福島の会津ビールでの仕事を見つけました。 ジョンはしばらくの間ホームブルーイングについて時々思いを馳せていたが、好きなビールをいつでも簡単に買えるので(日本に住んでいる我々のような状況ではなく)、そんなには急いでいなかった。日本と違ってアメリカで購入できるビールの種類の豊富さは計り知れません。 ジョンはGEで働いていた2年間、いくらかのホームブリューイングとクラフトビールを経験しました。しかし日本に来た後、彼は自分の好きなビールがこの国にないことに気づき、次のアメリカ帰省時に彼はホームブリューイングのキットを買って帰ってきました。 最終的に計画は1つの輪となり、3人(プラス鈴木 諒氏)は憑りつかれた集団のようにビール作りをしています。 コラボビールも含めて、既に40バッチを超える醸造とリリースをしています。BeerTengoku が(大井町駅から10分にある工場地区にある)彼らの工場を訪れた日に、代々木のウォータリングホールのオーナーである筒井さんと藤浦さんがそのようなビールを醸造していました。醸造者たちの造った作品に対する眼差しを、また部屋に漂うマッシュタンクからの匂いを嗅ぐと、いとも簡単に見えるが、ここまでくるには長い道のりであったことでしょう。 彼らの元々の構想は専門のブルワリーとしてやっていくはずでした。- レストラン経営は考えていなかったそうです。 場所の問題がまずありました。コストがかさむのと、彼らが求める物全ては 都心から遠すぎるか、高すぎるかのどちらかでした。彼らが自分たちの事業計画を見て、醸造免許の話をし始めた時、パブをやった方が賢く簡単だということに気が付きました。 アイディアとしては、小さな醸造所併設のパブをやって資金を得た後、最終的に自分たちのビールを提供するということでした。彼らは計画を変更してより駅近でパブを経営できるような大きな場所を探すことにしたのです。 彼らの元々の構想は専門のブルワリーとしてやっていくはずでした。- レストラン経営は考えていなかったそうです。 場所の問題がまずありました。コストがかさむのと、彼らが求める物全ては 都心から遠すぎるか、高すぎるかのどちらかでした。彼らが自分たちの事業計画を見て、醸造免許の話をし始めた時、パブをやった方が賢く簡単だということに気が付きました。 アイディアとしては、小さな醸造所併設のパブをやって資金を得た後、最終的に自分たちのビールを提供するということでした。彼らは計画を変更してより駅近でパブを経営できるような大きな場所を探すことにしたのです。 最初の良さそうな場所は東京の神田でした。そこは物件の中でもっとも駅近で複数のフロアもありました。ここであれば上階の1つに小さな醸造設備を備えられて、設立の前提であった彼ら自身のビールを造ることができます。自分で自分のビールを売ることができれば醸造免許は取得しやすい。デビルクラフトがレストランの売上のおかげでビールを売ることが出来るのは明白で、その時は彼らにはそれは必要ありませんでした。しかしながら、彼らは他の醸造所(京都醸造やうしとら)の免許取得を支援することで恩送りをしたのです。 その後より大きな店を探すことになり、新たなレストラン併設の醸造所の夢が芽生えてきました。浜松町店はフロア面積も大きく、東京で、しかも駅近にあります。お店とお客を求めるには完璧な3つの要素です。そしてまたしてもお店がお客さんでいっぱいにできることを証明した。こうして原稿を書いている時は60%は日本人で40%は外国人でした。それは醸造所の計画がどこか場所が見つかるまで再び後回しになったことを意味します。ビジネスが快調なことは、財務上、醸造所を建てる意味がないでしょう。 今回彼らが見つけた場所は品川で古いプレス工場がある工場地区の物件でした。駅近で2つのデビルクラフトに新鮮なビールを素早く運べる場所です。醸造所の計画が進行中に建物が見つかり借りられたので、彼らが醸造に取り掛かるのは時間の問題でした。それでも尚、彼らの計画にはまだ混乱がありました。 日本での醸造所の大半は海外から設備を輸入していて(主にはドイツやアメリカなどから)、税務署がその場所を認可する前に全ての設備を入手して設置しないといけない。無論、日本と税関は官僚的で書類のチェックが大変で、デビルクラフトも多くの官僚的なことに対処しなくてはいけなかった。醸造の免許は設備の入手に比べたら、たいした問題ではなかった。 ジョンとマイクは設備の輸入業者の関税フォームの内容が正確過ぎて醸造所立ち上げの停滞を招いたことを嘆いていました。食品と食品製造に関わる物全てが検疫を経ないといけないが、人々はそれに対してしばしば真実の元寛大であること、必要十分な詳細があれば、皆そこそこ幸せでトラブルに巻き込まれないのです。 問題をまとめると、輸入を担当していた元々の税関職員はこの地域での経験があったが、彼の上司が来て引き継ぐまで遅延が増えていました。それまでに多大な時間が失われていました。 さらには、ビールと接触するプラスチック部品はテストされなければなりません。しかしながら日本は独自の食品や衛生基準があり、輸入する物全てが基準に満たず即失敗するため、税関を通過する前にテストする必要があります。 結局、多くのやり取りと税関のフォームの修正後、機材は届き、業者が配管や電気工事をしにやって来ました。 醸造の過程で3人はそれぞれの違いを持ち寄りました - ジョンは原子力のエンジニアとしての経験を活かし、醸造所内の機械と設備を担当し、マイクは水の品質とイーストに関する広範囲な知識で – 取材の日に彼はイーストWLP001が正しく活動しているかを確認していました。ジェイソンは豊富な知識とビールのスタイルと材料への理解で貢献しました。さらには樽詰めや輸送などのパッケージングのプロセスについて聞くと、他が黙っている間に彼が一番にその作業が楽しいと言っていました。 その日は醸造所周りの作業は皆の間で分担されていましたが、3人はマッシュタンに張り付いて、その窓からクオリティと色が彼らの高い基準を満たすかをチェックしていました。 レシピ決めの話になると、3人とも決める時は一緒に決めると言っていました。時折、誰かがアイディアを持ってきてそれは議論されているが醸造開始前に皆の合意が要るとも。やっかいに聞こえるかもしれませんが、この記事を書いている時すでに、デビルクラフトは12バッチもの違うビールを順番に醸造をしていました。デビルのジョンのブラウンエールの2回目ようにそれらのいくつかは進化しているが、例えば彼らのインペリアルスタウトは新しいバッチで仕込まれています。 アメリカンクラフトビールを背景に持つ彼らは、アメリカからもアイディア、インスピレーションを得ることがあります。例えばSpeakeasy’s Prohibition Ale アンバーエールスタイルのビールとか。ストーンをはじめいくつかの醸造所はレシピをオンラインで公開していて、そこからもアイディアを得ることが可能です。BeerSmithのような醸造ソフトウェアを使って醸造する機会もありました。それは彼らの材料の知識を使い「それで遊んで」望んでいた色と正しいIBUになったビールが出来るまで。 デビルクラフトが開店して以来、多種多様なビールを提供してきまいた。最近彼らは上達した技術で昔造ったビールを再び醸造しています。彼らのドライホッピングの技術をオーバーホールするように。これはむしろ苦味よりも、香りと風味をつけるために使用される二次発酵段階での追加とずっと後のケトルの追加が含まれていました。デビルクラフトのレシピたちがチームのように働いているが、彼らもまたホームブリューイングや他の専門醸造所からの技術に精通しています。そのレシピの1つであるオレンジバニラポーターがどれくらいのオレンジピールを使用するか。最終的に8個のオレンジピールが300Lに加えるのに十分な量であった。それはまた彼らが残ったオレンジを食べてビタミンCを摂取させるという付加的な利点をも持っていました。誰がビール造りは健康ではないと言いましたか? デビルクラフトは新しい設備と材料に出会うたびに同じような問題に直面しました。「super genki」イーストの使用を含む初期の問題はadv(アルコール度数)が思ったより高くなってしまうことでした。酔っ払いたいなら悪くはないですが、度数が高いと強いホップと苦みがないビールではビールの風味が変わってしまいます。マッシュタンの温度計が読めないので、もうひとつがマッシング工程をコントロールするために導入されています。彼ら3人は口を揃えて、どんなビールが造れるのかまだ勉強の過程だと言っています。- 彼らは材料をよく知っているし、ホップを加えるとどうなるかを理解しています。挑戦すべきはそのマッシュの再開でドライホッピングの量であるだろう。 今現在の状況に重点をおくと、それは会話がDevilcraftの将来について、すなわち醸造所とレストラン両方の事に向かっていくことは自然でした。レストランはほぼ毎晩100%の稼働率であるゆえ、他の支店を出すという考えに至るのは自然です。横浜にはたくさんのクラフトビールのバーがある一方で、良いピザを提供する店がなく、そのことをジェイソンも言及した(まったくである!)。3人の主目的はあくまで醸造所で、そこを拡大することは、4~5店舗目を出店できるということです。6月にデビルクラフトは五反田にお店を出しました。東京西部以外での初出店です。 醸造所に関して、他の造り手がコラボプロジェクトのために、他を使うよりむしろデビルのを使うことができます。そしてその日はウォータリングホール(東京の素晴らしいビアバーのひとつで彼らも醸造をしようとしている)の筒井さんが彼らのペールエールを造っていました。海外の醸造所とのコラボで面倒な点はビールの輸送です。日本からと日本への輸送両方です。そして海外ではアメリカと違って、そんなに日本のビールの需要がありません。でも今年VictoryとAQベボリューションとデビルクラフトのコラボは面白いピルスナーが出来ると証明しました。ピルスナーは通常金色のところ赤く、私自身4月の大江戸ビール祭りでそれを飲んで楽しみました。 醸造所をオープンして、ジェイソン、ジョンとマイクは、クラフトビールの市場を良くしようとする一方です、ようやく最初の計画に戻りました。クラフトビールの需要は月ごとに増えていますが、デビルクラフトが際立っているのはクラフトビールに対する理解と知識です。彼ら3人全員の情熱は彼らの造ったビールを通して輝き、昨年は大きな成功を収めました。次にあなたが出かけた時にデビルクラフトのビールを見かけたら、是非頼んでください。- 彼らがビールを造った時のスピードとバラエティと同じように。それはあなたにとって特別なモノを試せる唯一のチャンスかもしれないので。 翻訳:Hiroaki Sueki

Far Yeast Brewing Company

Far Yeast Brewing Company Logo

Far Yeast Brewing Company is a Tokyo based company that was originally established in 2011 as Nippon Craft Beer Inc. In November 2014, after much deliberating, they decided to change the name to something that better represented their product. However, none of their beers are brewed by themselves rather Far Yeast Brewing Company is a phantom or gypsy brewing company …

Ishikawa Brewery Information

Ishikawa Brewery

Ishikawa Brewery, makers of the Tama no Megumi range of craft beer, is a brewery / sake distillery located in Fussa city, west Tokyo. The current range of Tama no Megumi beers were first brewed back in 1998, but the brewery first started making German style beers back in 1887 under the guise of Nihon Bakushu, or Japan Beer. Unfortunately, …

TY Harbor Brewery Information

TY Harbor

Located in Shinagawa, Tokyo, TY Harbor Brewery was one of the first breweries to participate in the brewpub movement in Japan, opening in 1997. One of only two breweries now in the 23 wards of Tokyo, it came about without backing from a major brewery and is modelled on a West Coast American brewery restaurant. All of the TY Harbor restaurants and …