コエド狭山茶セゾン

Coedo Kosancha Saison コエド狭山茶セゾン

コエド狭山茶セゾンは5%のセゾンです。コエドの生ラインアップの一部です。コエドから「黄金色のセゾン。埼玉県入間市で丁寧に手摘みされた香り高い狭山茶を贅沢に使いました。」 コエド狭山茶セゾンの目鼻舌 目:クリアなゴールデンのストロー色です。泡が真っ白ですがすぐ消える。 鼻:グレープフルーツ、レモンのアロマです。酵母の香りはスパイシーです。 舌:ボディーもグレープフルーツ、レモンですが少し渋いです。山茶の味は薄いですけど暖かくの時に少し味する。酵母はスパイシーな味ですがフェノール系もある。後味はシトルスけど早く消える。

ワイマーケットブルーイング:ワイマーケットゴールデンコンビー

Y Market Golden Combi ワイマーケットゴールデンコンビー

ワイマーケットゴールデンコンビーは5%のアメリカンインディアペールエールです。ワイマーケットブルーイングの生ラインアップの一部です。ワイマーケットブルーイングから「綺麗なゴールドカラー、ボディーはライトミディアムで程よくモルティー。センテニアルとチヌークはYマーケットのブルワー2人共が大好きなホップコンビネーション。2種のホップをたっぷり、仲良く50:50で配合した。」 ワイマーケットゴールデンコンビーの目鼻舌 目:ゴールデン色です。泡がフワフワですけどすぐ薄いリングになる。 鼻:松の木、レモン、グレープフルーツです。モルトからフェイントのキャラメルの甘さがある。 舌:もちろん苦いですがスムーズです。ホップフォワードです。グレープフルーツ、レモン、松の木の味する。全味は良いバランスです。後味はグレープフルーツが佇む。

ベアードビール:ベアードファイヤーインザベリー

Baird Fire in the Belly

ベアードファイヤーインザベリーは6%のアンバーエールです。限定なビールです。ベアードファイヤーインザベリーのフルネームはベアードファイヤー・イン・ザ・ベリーダグのレッドエールと言います。ベアードビールから「ファイヤー・イン・ザ・ベリーは、私達の素晴らしい友人であり、常連であり、パートナーであるダグ・ベニングを偲んで造られたビール。ダグは2012年5月16日に突然にこの世を去ってしまった。」。モルト用にフロアモルテッドマリスオッター、ミュンヘン、ライ、キャラメル 、ロースト バーレィしホップ用に米国産ウォリアー、ミレニアム、ノーザンブルワー、 スターリング、ウィラメットを酒造する。 ベアードファイヤーインザベリーの目鼻舌 目:銅オレンジの色とふわふわの泡です。泡がすごくゆっくり消える。上るカーボネーションと沈殿物も無かった。 鼻:モルトからキャラメル、クッキーの匂いホップからグレープフルーツ、パイナップル、松の木が嗅ぐ。 舌:甘さとボディのバランスはとても良いです。ちょっとドライな苦さですけど飲みやすい。ホップから弱い松の木も味する。後味は甘さがゆっくり消える。

伊勢角屋Neko Nihiki

Ise Kadoya Neko Nihiki

伊勢角屋Neko Nihikiは8%のNE・IPAです。NE・IPAはニューイングランドのIPAです。伊勢角屋の限定なビール。ビヤグラから「そうしたコラボレーションビールの中から、近々に発売されますのが、PortlandのCulmination Brewing Co.のオーナー兼ヘッドブルワーのTomas Sluiter 氏が来日され、当社のブルワーたちと仕込んだニューイングランドIPAのNeko Nihikiです。」 伊勢角屋Neko Nihikiの目鼻舌 目:すごく曇ったオレンジですが。見えば、飲みたくないと思う。泡がオレンジホワイトです。 鼻:マンゴ、パイナップル、グレープフルーツ、レモン、オレンジです。モルトから何も嗅ぎません。 舌:ジューシ見たいです。マンゴ、パイナップル、グレープフルーツ、パパヤです。アルコールは味しませんから飲みやすいです。

伊勢角屋麦酒ワイルドボーイズIPA

Ise Kadoya Wild Boy's IPA

伊勢角屋麦酒ワイルドボーイズIPAは6%のアメリカンIPAです。ロンドン郊外にあるモンドブルーイングとのコラボレーションビール。両ブルワリーの元「少年少女」ブルワー達が、基本をしっかり踏襲したうえで、「冒険」をしました。香り豊かなホップを重ね合わせるアメリカンIPAに、主原料の麦芽・酵母どちらも、イセカド初使用の素材を組み合わせました。 伊勢角屋麦酒ワイルドボーイズIPAの目鼻舌: 目:銅オレンジの色。泡が薄いオフホワイトですがすぐ消える。 鼻:ダンクのアロマ、トロピカルフルーツが多い。グレープフルーツ、マンゴ、メロン、パイナップルし、モルトからキャラメルの匂い。 舌:始まるから終わりまでが苦いです。苦さは高くないですけど佇む。トロピカルフルーツも味する。グレープフルーツ、メロン、マンゴ、パイナップルです。良いバランスと思う。 オンライン販売 Goodbeer びあマ

2

ベアードビール:ベアードブラックブレッドライポーター

Baird Black Bread Rye Porter

ベアードブラックブレッドライポーターは6%ポーターです。ベアードブラックブレッドライポーターはベアードビールとラトビアのMaldugunsをコラブのビールです。Maldugunsが日本のくるの時にライパンを手で運ぶ。ホップ用にファグル、ウォリアーを酒造する。ウイキペディアから「東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。」 ベアードブラックブレッドライポーターの目鼻舌 目:赤い茶色ですが曇ったいないです。泡がオフホワイト、すぐ消える。 鼻:ライ麦のパンの匂いはベアードビール 限定醸造 ブルワーの悪夢ライIPAをより弱いと思う。キャラメル、ブラックモルトはバックグラウンドの匂いです。 舌:全味は強くないですけどライ麦はちょっと味する。苦さはありませんけど少しサワーです。

コエドビール:コエドガッツポーズー

Coedo Gattsu Pozu

コエドガッツポーズーは10%のインペリアルIPAです。米カリフォルニア・バークレーのFieldwork Brewingを迎えて、2017年春COEDOクラフトビール醸造所で行われたコラボレーション。モルト用にピルスナー、サワーしホップ用にシムコー、チヌーク、タホマを酒造する。名前が醸造家たちのやり取りの中から決まった企画として、Fieldwork Brewingのブルワー・アレックス氏が野球好きで、仕込み時期が日米ともに球春到来を迎えた頃のため、醸造コンセプトが「ベースボール(野球)」となりました。野球と云えば“木製バット”、そこから埼玉が誇る西川材のヒノキを用いて、かんなで薄く削り高アルコールのビールに漬けこむことで味・香りを抽出。木材は、「心材」と言われる丸太の表皮近くより中心近くの香りが強い部分を使用しました。 コエドガッツポーズーの目鼻舌 目:ちょっと曇ったのゴールデンオレンジの色。泡が真っ白ですがすぐ消える。ビールの上で油性ポイのリングがある。 鼻:すごく松の木の匂い、レモン、グレープフルーツもある。冷たいの時にアルコールはあまり嗅げないけど暖かくよく嗅ぐ。 舌:最初松の木はやや強いです。苦さは高いですが飲める。問題は10%ですけど味は10%じゃないから飲みやすい。レモン、グレープフルーツも味する。後味も松の木と苦さもです。

コエドビール:レジスターIPA

Coedo Regista IPA

レジスターIPAはコエドビールのアメリカンIPAです。アルコールは6%。2017の秋けやきビール祭りで売ります。ホップはシムコー、モザイク、モトゥエカを使用した。 コエドビール:レジスターIPAの目鼻舌 目:淡い麦わら色。泡は白とふわふわした。 鼻:トロピカルフルーツ香りオレンジ、グレープフルーツ、レモン。モルツの香りはあまりありません。 舌:ボディと味:粘性はちょっと薄い。苦いですが飲みやすい。味もトロピカルフルーツとジューシ甘いです。後味が少し柑橘類ですがすぐ薄れる。  

日本海倶楽部:IBA

Nihonkai IBA

日本海倶楽部のIBAはアメリカンのブラウンエールです。名前は インディアン=インドの ブラウン=ビールの色合い(濃い茶色) エール=上面発酵ビール から。 アルコールは7%。本海倶楽部のIBAは夏の限定なビールです。アロマホップはカスケードですがモルツは分かりませんけどIBUは70点。 目:メチャ濃褐色です。酵母沈殿物なし。泡は白く少し茶色になる。 鼻:甘いモルツ、キャラメルとローストな香りです。暖まるときそれはレモンと松の木のにおいをする。 舌:スムーズなローストとキャラメルの味。レモンとグレープフルーツも味わった。苦いですがすぐ退色した。後味はレモンと少しキャラメルをありました。

Shiga Kogen New Engi-land IPA by Tamamura Honten

Shiga Kogen New Engi-land IPA

Shiga Kogen New Engi-land IPA is a 6.5% American IPA from Tamamura Honten, based in Nagano, Japan. It’s part of their limited edition range and was first released in June 2017 to celebrate the opening of The Farmhouse – a small little bar and hotel owned by Tamamura Honten. If you hadn’t guessed, Shiga Kogen New Engi-land IPA is another Japanese …