サンクト・ガレン・インタビュー

Sankt Gallen Front・サンクトガレン フロント

過去20年間に日本のビール祭りに行ったことがあるなら、あなたはサンクト・ガレンをもっと見たことでしょう。 日本人のロックスターに合格できるビールを提供している人は、サンクト・ガレンの醸造業者であり、オーナーである岩本さんです。 あなたはまた、おそらく、サンクト・ガレンのSNSを通じたPR努力の背後にいる勤勉な人であり、より一般的に三木として知られる中川さんに会ったこともあります。 彼女はしばしば、新しいバー、新しいビール、そしてビール醸造所自体の中のビデオに関する最新情報を投稿します。

現在の醸造所は2003年以来稼動していますが、サンクト・ガレンの根はずっと古いものです。 日本政府は1994年までビール免許法を緩和しなかったが、岩本さんは父親の団子(餃子)レストランのためにサンフランシスコで醸造していました。 岩本さんは日本に戻って自分の醸造所を開けたいと思っていましたが、米国から輸入されたサンクト・ガレンビールを売った六本木のパブを開いて、最初の一歩を踏み出しました。 自家製醸造の売却は、現在と同じくらい違法であったが、岩本さんはバーで売るために自分の非アルコール性ビールを作りました。

そのパブは、もはや存在していません。 しかし、それは醸造の歴史の重要な部分です。 そこはBaird Bairdと彼の妻SayuriがBairdビールの時代以前に東京に住んでいたとき出会ったところでした。 その話のほとんどは、その当時から秘密に残っているが思い出は岩本さんの顔に、通常よりも大きな笑いをもたらした。 BeerTengokuは、彼が日本のクラフトビールの「オトサン」または父親の姿であるとコメントしました。 彼はあまりにも長い間、日本のクラフトビールに従事しており、それによって苦笑が彼の顔に刻まれました。

岩本さんは福岡出身ですが、日本の醸造所を開設する考えは一度もありませんでした。  東京は彼を引き入れるには余りにも大きかったが、まだ残っています。 当時の厚木地区には、クラフトビールというものはありませんでした。 そこは、安い土地であり、東京へのアクセスが簡単で、岩本さんの父親の餃子店のチェーンの事務所でした。 タンザワ尾根は、サンクト・ガレン醸造所を横切っており、山からの水も醸造所に水を供給しています。

岩本さんのビール醸造への情熱は、それについて話す機会があるたびに表現されます。 そして彼にチャンスを与えれば学ぶ準備をする必要があります。…たくさん! 米国で家庭醸造業者として出発した後、彼は自分の醸造者の免許を所持して、少なくとも4つの醸造所を始動することができる十分な時間があったと冗談します。 彼は約6000バッチのビールを醸造しているし、酵母の問題に至るまで、その時間全体で10回以下のダンプしかしていなかったと推定しました。

家庭の醸造者が専門家の醸造業者となって、それには何が必要なのかについての質問を受けた時の会話でビットを逃さず、彼は「情熱」だと言いました。  あなたは世界のすべてのお金を持つことができますが、醸造プロセスに情熱を持っていなければ、人々が飲みたいビールを作ることはできません。 タスクのいくつかは面倒で疲れていますが、彼は餃子作りの日にこれらのタスクが技術を向上させるのに役立つということを学びました。 もちろん醸造過程が役立ちますが、それらは必要なものの内面と外面を複製することはできません。

1993年に建設された最初の建物は現在の醸造所の後ろにありますが、もはやサンクト・ガレンの所有はありません。 現在の建物への移動は、ビールの需要の増加に対応するために2003年に発生しました。 英国のテレビショー「Doctor Who」を見たことがあるなら、サンクト・ガレンの醸造所はTARDISに非常に似ています。 それは外からは小さいように見えますが、内部を歩いて、小さなパイロットシステムで挨拶されます。 そこでは、契約している醸造所が最初にテストされ、次にスケールアップされます。 その後、ブライトタンク、発酵槽、醸造システムの壁が、輝くステンレス鋼の素晴らしさとしてあなたを迎えます。 各ブリットタンクには2kLのビール(2,000L)が含まれており、発酵槽には4KL(4,000L)が含まれており、醸造システムは、2003年に最初にインストールしたシステムです。

サンクト・ガレンは週に3〜4回は醸造しましたが、彼らは供給が需要に追いつくことができるように二重バッチを生産しました。 さらに、サンクト・ガレンは関東地方のバーやレストランで醸造を請け負い、渋谷のThe Aldgateと新宿の800 Degreesをリピート顧客としています。 三木は、サンクト・ガレンを飲む場所についてつぶやきますが、サンクト・ガレンにはフルタイムの労働者がわずか5人しかいないことは驚くべきことです。販売担当者は誰もいません。

最初からサンクト・ガレンは、彼らのビールをバーやショップに強要したことはありません。 サンクト・ガレンが最初に始めたとき、東京には単3か所のクラフトビールバーがあり、文章を書いている時点では、250以上でした。岩本さんはボトルリングラインが醸造所の成長に重要であることを知っていました。 1時間に1,000本のボトル、すなわち330Lで、1つの発酵槽全体を瓶詰めするのにほぼ一日かかるでしょう。 しかし、醸造所で樽充填場を沿って5人のスタッフ全員は、ビールを得ることに忙しいです。 彼らの販売精神に関する最も驚くべきことは、販売促進のためのフォローアップ訪問をしていないことです。 これを念頭に置いて、そのビールの背後にある気風は、人々が飲みたいなら、それを注文するということです。

賢明な読者は、サンクト・ガレンのラインナップにヴァイツェン、セゾン、ベルギースタイルのビールがないことに気付いたかもしれません。 ほとんどすべての単一の日本のクラフトビール醸造所は、それらのスタイルのうちの少なくとも1つを通常のラインナップの一部として持っています。 シンプルな理由は、岩本さんがBeerTengokuの著名な作家Joeと同じような状況にあり、伝統的にそれらのビールに使われている酵母が腸の問題を引き起こすということです。 さらに、彼はヴァイツェンから独特の香りを見つけます。バナナとクローブも入れません。 他の人がそれを飲むことを好む岩本さんのビール生産への献身は、生産されたビールが、自分の高い基準を満たしていることを保証することはできません。 この献身はまた、サンクト・ガレンからの唯一のフルーツビールが彼らのオレンジゴールドとパイナップルスイートであることを意味します。他のフルーツは、彼らのビールに追加することができるように持って来ません。

それはサンクト・ガレンでの提供があなたの標準的なものであると言っているわけではありません。サンクト・ガレンは、IPAを提供する最初の日本の醸造所の1つでした。彼らの横浜XPAは、他の多くの醸造所がそのスタイルがとてもうまくいくことを知る前に、横浜から供給された水で醸造されました。 彼らのユーモア感覚は、April Foolが発表されるとすぐに売り切れになる年間生産で失われることはありません。 彼らの最も有名な限定版のビールは、「うん、この黒」であり、 “poo black”に翻訳されています。 このビールの反応は面白かったです。数多くの飲む人は、何とか、プーがビールに入ったと思っていました。 実際には、本当の話ははるかに少ないねじれています。 豆を消化した象のうんちから豆を回収して生産されたタイのコーヒーであるBlack Ivoryコーヒーを発酵槽で使用しました。 5kgは禁止コストのために工程中に使用され、Amazonは日本で唯一のコーヒーサプライヤーでした。

サンクト・ガレンはまた、毎年の猛烈なリリースのためにうらやましいほどの評判を得ています。 彼らの毎年の激しいリリースは、このインタビューが始まる前に売り切れになっていたはずです。 毎年、基本的なスタウトレシピには様々な味が注入され、それぞれの味もバッチに新しい風味をもたらします。 過去に岩本さんは、ミント、ゴマ、イチゴ、燻製、オレンジを試しました。 2018年のバージョンは、中国のデザート(餃子のレストランの日々への敬意)、アンニン豆腐、またはアーモンド豆腐の周りに基づいていました。 いくつか試してみたところ、風味は基本スタウトをうまく補完しましたが、すぐにはいつでも繰り返すことはまずありません。 今年のバージョンは、バナナチョコレートスタウトであり、現在販売中です。

サンクト・ガレンの将来に関しては、醸造所を拡張する必要があります。 彼らはすでに醸造することができるビールの量と発酵槽のスペースの観点から見ると能力を備えているので、今よりも効率的にスペースを有効活用する方法を知ることは困難です。 この地域に滞在したいと考えている岩本さんは、醸造所の拡張と現場でのタップルームの提供を希望して、近くの土地を購入しようとしています。 ビールはすでに醸造所から直接購入することができますので、蛇口からビールを新鮮にお誘いための方法は何ですか? これにより、近くのエリアでもバーを再開する考えが導かれました。

サンクト・ガレンは、現在のクラフトビールブームの前に地方のバーを持っていましたが、売却され、現在はコーヒーショップです。 岩本さんは、バーの位置を放棄することに冷淡ました。

横浜は、鉄道旅行地域の一つであるがクラフトビールバーはすでに密集しています。厚木と海老名も可能ですが、関東地方にあると言いました。

彼らがどこでも終わったら、神奈川で最も規模が大きく、有名なビール醸造所の一つとして、より簡単に見つけることができるようになります。あなたがどこにあるかわからない場合は、そのSNSのフィードを確認してください。日本全域でビールを見つけることができる最新の資料の一つです。

About the Author

BeerTengoku Writer

Who is the BeerTengoku Writer? Noone seems to know. Neither Rob nor Joe have been in the same place when the Writer has been out. All we know is that he likes big bold beers and knows a lot.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.