2

富士桜観光ハイツ:富士桜おきてやぶり

Fujizakura Okite Yaburi 富士桜おきてやぶり

富士桜おきてやぶりは5.5%のインディア・ペール・ヴァイツェンです。志賀高原と富士桜の限定なビールです。志賀高原から「富士桜高原麦酒20周年記念のコラボビール。最近 “Sabro” っていう名前がついたばかりの新ホップ HBC 438 をモザイクに加えて大量に 使用。」

Fujizakura Okite Yaburi 富士桜おきてやぶり

富士桜おきてやぶりの目鼻舌

目:曇ったのペール・黄色です。泡がヴァイツェンぽいですから長く佇む。

鼻:グレープフルーツ、シトルス、塩化もある。塩化?!NEIPAを飲んだら、すぐわかる。塩化物はビールの風味に柔らかさと滑らかさほとんど甘さを与える。

舌:苦いです。ヴァイツェンじゃない。グレープフルーツ、シトルス、塩化を味する。後味も塩化をある。

オンライン販売

About the Author

Rob

Been drinking beer since longer than I can remember. You can find me in a bar, on the slopes, or doing DIY. I enjoy porters, imperial porters, golden ales, and amber / viennas.

Liked it? Take a second to support ビール天国 on Patreon!
add_action('wp_head', 'wpb_add_googleanalytics'); function wpb_add_googleanalytics() { ?> /

Comments 2

  1. one sip[ was enough for me. why screw up a perfectly good weizen?
    not their best beer. absolutely a new england weizen. which should never exist. abomination. kill it with fire.

    1. Post
      Author

      Agreed – guess it goes to show that Shiga Kogen shouldn’t make weizens and Fujizakura shouldn’t make IPAs.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.